March 18, 2019

The Trade Desk、Lise Buyerを取締役会に迎え入れる

ロサンゼルス – 2019年3月18日(ビジネスワイヤ)– グローバルアドテクノロジー企業であるThe Trade Desk(Nasdaq: TTD)は、Lise Buyerを取締役会に迎えました。Buyerは、Class V Groupの創業者であり、2006年からマネージングパートナーを務めてきました。Class V Groupは、新規株式公開やその他の市場戦略について、企業に助言を提供するコンサルティング会社です。The Trade Deskは、2016年9月のIPOに先だって、Buyerに助言を受けました。

またBuyerは、Googleの事業最適化部門のディレクターを務め、同社のIPOの立役者の1人として活躍しました。Googleに入社する前は投資業界で、機関投資家、エクイティリサーチアナリスト、ベンチャーキャピタリストとして広範な実務経験を積みました。2000年代の初頭は、クレディ スイス ファースト ボストン証券会社で、インターネット/ニューメディア・リサーチ業務のディレクターを務めました。それ以前の6年間は、ティー・ロウ・プライス・アソシエイツの機関投資家として、デスクトップ・テクノロジー向けの企業投資を担当していました。キャリアのスタートはウォール・ストリートで、テクノロジーとエンターテインメント業界の両方のアナリストとして活躍しました。

Buyerはまた、オンライン調査を行う上場企業であるGreenfield Online Inc.にて、同社がMicrosoftに買収されるまで取締役を務めていました。

「Liseを弊社の取締役会に迎えることは、非常によろこばしいことです」と、The Trade Deskの創業者兼CEOは述べます。「Liseは、弊社にコンサルティングをした経験から、経営陣、取締役会、そしてThe Trade Deskを熟知しています。インターネット、メディア、エンターテインメント市場への理解と、投資業界でのすばらしい経験を生かして、弊社の取締役会の力と専門性をさらに高めてくれるはずです」

「先見の明のあるリーダーシップと最先端のテクノロジーソリューションとサービスにより、The Trade Deskは世界がプログラマティックに移行するにつれて繁栄する強力で魅力的な立場にあります。バイヤーは次のように述べています。「会社の急成長を続けるために、会社のリーダーシップチームと協力することを楽しみにしています。」

ウェルズリー大学にて学士号を、ヴァンダービルト大学オーウェン経営大学院にてMBAを取得しています。以前はNichols Schoolの評議員を務めており、その後TED Braintrustのメンバーおよびダボス世界経済フォーラムのフェローも務めました。


The Trade Deskについて
The Trade DeskTMは、広告バイヤーを支援するテクノロジー企業です。広告バイヤーはThe Trade Deskのセルフサービス型クラウドベースのプラットフォームを通じて、様々な広告フォーマット全般にわたり、デジタル広告キャンペーンを、PC、モバイル、コネクテッドTVなどのデバイス上で、作成、管理、最適化できます。主要なデータパートナー、インベントリーパートナー、パブリッシャーパートナーを統合することでリーチと運用効率を確実に最大化し、Enterprise APIによりプラットフォームのカスタマイズが可能になります。The Trade Deskは米国カリフォルニア州ベンチュラに本社を置き、米国、欧州、アジアにオフィスを構えています。詳細については、thetradedesk.comをご参照いただくか、弊社のFacebookTwitterLinkedInYouTubeアカウントをフォローしてください。