October 18, 2018

The Trade Deskが米フォーチュン誌(FORTUNE)の「100 Best Medium Workplaces in 2018」の2位に選出

Collaboration and Grit Are Keys to Winning Culture at Global Technology Company

ロサンゼルス – 2018年10月18日 – グローバルアドテクノロジー企業であるThe Trade Desk, Inc.(Nasdaq: TTD)は、フォーチュン誌が主催する2018年度「100 Best Medium Workplaces」で2位に選出されました。The Trade Deskは、100人から999人までの従業員数を抱える職場の年間ランキングで、昨年のランキングから9位上昇しました。The Trade Deskはすでに「Best Workplace for women, millennials and diversity」に選ばれています。「The Best Small & Medium Workplace」ランキングは、Great Place to Work®による、あらゆる分野の数百にのぼる企業の従業員112,000人以上を対象にした調査をもとに決められます。

Great Place to Work's survey of The Trade Desk found that 100 percent of employees indicated that they are proud to tell people they work at The Trade Desk. Employees also note feeling welcome when they joined the company and agree that their workplace is great. Built on the core values of grit, emotional intelligence, collaboration and humility, The Trade Desk nurtures those values through innovative programs, events, training and employee incentives. The company prioritizes attracting and retaining people who embody these attributes so that they can help build on what makes working at The Trade Desk so special.

「Best Workplace賞をいただき、優れた企業文化を評価していただけたことを、非常にうれしく思っています」と、The Trade Deskの創業者兼CEOのJeff Green (ジェフ・グリーン)は述べます。「世界中の23都市にある弊社の各オフィスに、スマートでよく働く、革新的なすばらしいチームを持っています。会社の継続的な成功のカギをにぎるのは社員だと思っています。」