October 8, 2019

The Trade Desk、VIZIOのInscapeからのスマートTVの視聴データを提供し、TVとデジタルメディア戦略の効率化をサポート

ニューヨーク、NY、サンフランシスコ、カリフォルニア州- (年10月8 、 2019 ) -グローバルアドテクノロジー企業である The Trade Desk 米国におけるスマートテレビの視聴データ最大の単一ソースプロバイダである Inscape 、と提携し、InscapeのデータインサイトをThe Trade DeskのPlannerに直接インテグレーションしました。このInscapeのスマートテレビの視聴データの追加により、様々なデバイスやスクリーンを跨いでプランニング、バイイング、効果計測が可能になり、またキャンペーンリーチとROIを最大化するためにマーケターに貴重な新しいインサイトを提供します。

アクティブでオプトインされた12 万台以上のスマートTVデバイスからのInscapeの視聴データを組み込むことにより、The Trade Deskのプラットフォームの広告主は、地上波TV予算に加えてデジタル予算を段階的にプランニングし、クロスチャネルのプランを効率化できますこの貴重なスマートTV視聴データをThe Trade Deskの人工知能主導のPlannerツールに追加することで、マーケターは、デジタルとTVの両方にまたがるキャンペーンのクロスデバイスリーチとフリークエンシーを簡単に予測できます。 Inscapeの表示データは、明確な広告露出率を提供し、人口統計ではなく視聴者のインサイトで特定のターゲティングを行い、デジタルチャネル全体で使用可能です。また、広告主は、広告が生活者に配信される頻度によって形成されたプランを作成し、米国の数百万世帯の関連性と頻度を最適化することが可能です。

「Inscapeのほぼリアルタイムのテレビ視聴データをPlannerに統合することで、クライアントはオムニチャネルキャンペーンをスマートなデータ駆動型の洞察で計画し、活性化することができます。このパートナーシップは、リーチ、フリークエンシー、GRPの増加の機会を特定し、地上波TVおよびデジタルTV広告購入の際のKPIを改善するのに役立ちます。」

Inscapeから取得した自動コンテンツ認識(ACR)データは、入力デバイスに関係なく視聴されているものを反映します。スマートTVで多数のソースからコンテンツやコマーシャルを消費するユーザーが増えているため、広告インプレッションを総合的に考慮し、メディアバイイングの通知と測定に使用されるデータが適切に評価されていることが不可欠です。

Inscapeのビジネス開発担当バイス・プレジデントであるグレッグ・ハンプトンは次のように述べています。「ブランドは、関連性のあるタイムリーなメッセージを消費者に届けたいと考えています。そのためには、広告キャンペーンをより適切に計画および最適化するために、さまざまなパブリッシャーのインベントリおよびデバイスで消費される広告を理解する必要があります。Inscapeのテレビ視聴データには、あらゆるデバイス、マーケティングチャネル、広告フォーマットで洗練されたオムニチャネル広告キャンペーンを提供するために必要な粒度、精度、スケールがあると理解しています。」

InscapeはVIZIOの完全子会社であり、ACRテクノロジーとクロススクリーンメトリックのリーディングプロバイダーです。アクティブでオプトインされたTVデバイスが12 百万台を超え、成長しているInscapeのスマートTVフットプリントは、米国でライセンス可能なオプトインTV視聴データの最大の単一ソースです。

その他の利点は次のとおりです。

  • 関連する仮名データを使用して認証済みのオーディエンスセグメントを構築し、マーケティングファンネルのチャネルおよびステージ全体でキャンペーンを有効化する
  • クロススクリーンのリーチとフリークエンシーの手法を活用してリーチを拡大し、テレビキャンペーンを計画し、自動的に最適化
  • ブランドのテレビコマーシャルにさらされた、またはさらされていない視聴者をターゲットにする機能を提供する

Inscapeについて

Inscapeは、数百万台のスマートテレビから非常に正確で最新の視聴データをキャプチャするテレビインテリジェンス企業です。同社は、自動コンテンツ認識(ACR)テクノロジーと包括的なクロススクリーンメトリックをリードするプロバイダーです。 Inscapeのテレビ視聴者視聴データは、OEM、ブランド、代理店、ネットワーク、測定会社、DMP、およびマーケティングテクノロジープラットフォームによって活用され、業界の大規模な変革を推進しています。そのガラスレベルのインサイトは、新しいレベルの速度、透明性、アクション性を世界のテレビ市場にもたらします。 2010 年にTV Interactive Systems、Inc.として設立され、VIZIOに買収される前はCognitiveとして運営されていました。 Inscapeは、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く完全子会社です。

The Trade Desk の会社概要

The Trade Deskは広告バイヤーを支援するテクノロジー企業です。広告バイヤーはThe Trade Deskのセルフサービス型クラウドベースのプラットフォームを通じて、ディスプレイ、動画、オーディオ、ネイティブといった広告フォーマット全般にわたり、より表現力のあるデータドリブンなデジタル広告キャンペーンを、PC、モバイル、コネクテッドTVなど多数のデバイス上で、作成、管理、最適化できます。主要なデータパートナー、インベントリーパートナー、パブリッシャーパートナーを統合することでリーチと運用効率を確実に最大化し、Enterprise™ APIによりプラットフォームのカスタマイズが可能になります。The Trade Deskは米国カリフォルニア州ベンチュラに本社を置き、米国、欧州、アジアにオフィスを構えています。The Trade Deskに関する詳細は thetradedesk.com または Facebook Twitter LinkedInの YouTube をご参照ください。