August 5, 2014

The Trade Desk Educates Marketers on Turning in an A+ Back-to-School Media Plan

世界規模で事業を展開する DSP、新学期シーズン中に主要オーディエンスにリーチするため、メディアバイヤーが行動・文脈ターゲティング、プロモーション、マルチチャネルプラットフォームをどのように活用できるのかについての報告書を発表

ロサンゼルス、CA--(Marketwired - 2014 年 8 月 6 日) -The Trade Desk, Inc. は、マーケティング担当者が夏の終わりのシーズン中、新学期の買い物客に、より効果的にリーチするのに役立つ報告書を発表しました。報告書には、プログラマティックなマーケターが、適切なオーディエンスに狙いを定め、メディア購入を最適化し、自分たちのブランドリフトを高めるため、統合されたデータと高度なターゲティング、販売促進用の値引きを提示したキャンペーンを計画する際に、彼らのサポートとなる極めて重要な洞察が含まれています。
報告書には、広範囲に及ぶ専有の買い物客データと市場調査、そしてマルチチャネルマーケターとメディアプランナーがこのシーズン成功するキャンペーンの戦略を練り、実現するのに役立つチェックリストが含まれています。読者は次のような洞察を得ます:

  • 適切なオーディエンスのターゲティング
  • タックス・インセンティブ制度の活用
  • 行動からターゲットの絞り込み
  • マルチメディアやオンラインプラットフォームでリーチ範囲を拡大
  • 繰り返し広告の露出を制限
  • サービスやプロモーションを強調

報告書はまた、新学期の買い物客が品物について調べたり購入したりするために、ウェブサイトやスマートフォン、タブレットを使用すること、また販売促進用の安売りや割引を特色とした広告に反応する可能性が極めて高いとも述べています。The Trade Desk は、安売りをベースとしたメッセージをマルチプラットフォームのいたるところに配置するようマーケティング担当者に助言しています。しかし、同じオーディエンスに露出しすぎないようにとも注意しています。過度な露出は回数に上限を設けることで避けられます。
The Trade Desk はまた、8 月中、新学期の買い物客に優遇税制措置を提供する 15 以上の州を地理的ターゲットとする重要性について、マーケティング担当者にヒントを与えています。政府のオファーから利益を得るその土地固有のオーディエンスにリーチするため、地理的ターゲティングを利用することは、マーケティング担当者が消費者に助言し購入を推進する助けになり得ます。
The International Council of Shopping Centers (ICSC)はアメリカの家庭の 3 分の 2 が新学期の買い物のほとんどを 8 月に行っていると予想しています。The Trade Desk からさらに多くのデータやヒントを見るには http://www.thetradedesk.com/back-to-school-trend-r... にて完全な報告書をダウンロードしてください。
The Trade Desk, Inc. についてThe Trade Desk は広告技術において最も先進的なバイヤーに力を与えます。 リアルタイム入札のパイオニアとして創立されたThe Trade Desk は、代理店やアグリゲーターとその広告主に、ディスプレイとソーシャル、動画広告キャンペーンを管理するクラス最高のテクノロジーを提供することにより、業界において最も急速に成長中のデマンドサイドプラットフォームとなりました。
The Trade Desk は、市場での最も表現豊かな入札性能とフルファネル属性、最初のインプレッションからコンバージョンまでの消費者の行程を解説する詳細なレポートによりキャンペーンレベルでバイヤーに力を与えます。 純粋な購入者サイドの焦点を維持することにより、The Trade Desk は世界中の顧客のブランディングと業績についての期待に沿っています。

The Trade Desk の本社は米国カリフォルニア州ベンチュラにあり、全米およびヨーロッパとアジアに事務所があります。