April 3, 2019

Tapad、The Trade DeskのUnified IDソリューションをグローバルのIDデータ検証・照合プラットフォームに導入

大手グローバルマーケティングテクノロジー企業、 Tapadは、The Trade Deskの最新Cookie IDを同社のID統合ソリューションに採用し、インターネット全体のグローバルCookieカバレッジの拡大を目指します。

ロサンゼルスとニューヨーク– 4月3、2019(BusinessWire)–グローバルマーケティングテクノロジー企業であるTapadは、The Trade Deskと提携して、The Trade Deskの統合IDソリューションをデジタルアイデンティティ駆動型ソリューションに組み込みました。

The Trade DeskのUnified IDソリューションは、SSP、DSP、DMP、データプロバイダーなどを含む、デジタル広告のサプライチェーン関係者すべてに無償で提供されます。Tapadのような主要プレイヤーがUnified IDソリューションを採用したことで、合理化されたCookieシンクにより消費者にとっての広告体験が改善し、広告マッチ率は向上し、Cookieカバレッジが全世界に拡大します。

The Trade DeskのグローバルCookieフットプリントの採用により、Tapadの顧客は、より高い精度と潜在的に高いパフォーマンスのデジタルマーケティングキャンペーンの恩恵を受けることができます。

「デジタルアイデンティティの解決は、デジタルマーケティングキャンペーンを改善するための鍵です。Tapadのグローバルデータライセンスおよび戦略的パートナーシップのSVPであるクリスフェオは、次のように述べています。「Cookieの同期を簡素化し、パートナー間の一致率を高めます。お客様がマーケティングキャンペーンのパフォーマンスを改善できるようにします。」

「エコシステムにおいてアイデンティティは重要であり、この分野の長年のリーダーとして、Tapadはグローバルな規模でより効果的なキャンペーンを開始するのに役立つデジタルアイデンティティ解決ソリューションの構築に強いコミットメントを示しました。」パートナーシップ、The Trade Desk。「私たちは彼らの参加に興奮しており、このパートナーシップを通じて業界全体のデジタルアイデンティティの物語を解決することを楽しみにしています。Unified IDソリューションが継続して幅広く採用されていることは、デジタル広告効果の向上という、弊社のミッションを裏付けるものです。

TapAdについて

Tapad、Inc.は、グローバルマーケティングテクノロジー企業であり、デジタルID解決ソリューションのリーダーです。Tapad Graph™および関連ソリューションは、デバイス識別子をブランドおよびマーケティングデータに接続するためのプライバシー保護アプローチを提供し、それにより、マーケティングキャンペーンの測定、属性、リーチ、およびROIの強化を可能にします。Tapad Graph™を使用すると、世界中のマーケティング担当者がキャンペーンの効果を最大化し、ビジネスの成果を高めることができます。Tapadは、その革新性、成長、職場文化で業界全体に認められており、TMCnet Tech Culture Awardなどの数々の賞を受賞しています。ニューヨークに本拠を置くTapadは、シカゴ、ロンドン、オスロ、シンガポール、東京にもオフィスを構え、テレノールの完全子会社です。

The Trade Desk, Inc. について

The Trade DeskはTM広告バイヤーを支援するテクノロジー企業です。広告バイヤーはThe Trade Deskのセルフサービス型クラウドベースのプラットフォームを使用し、PC、モバイル、コネクテッドTVなどのデバイス上で、ディスプレイ、動画、オーディオ、ネイティブ、ソーシャルといった広告フォーマット全般にわたってより表現力のあるデータドリブンなデジタル広告キャンペーンを作成、管理、最適化することができます。主要なデータパートナー、インベントリパートナー、パブリッシャーパートナーを統合することで、リーチと運用効率を最大化します。また Enterprise™ APIを使用すると、プラットフォーム上でのカスタム開発が可能になります。The Trade Deskは米国カリフォルニア州ベンチュラに本社を置き、米国、欧州、アジアにオフィスを構えています。詳細については、thetradedesk.comをご参照いただくか、弊社のFacebookTwitterLinkedInアカウントをフォローしてください。