April 21, 2016

The Drum "Infographic: Mother's Day Opportunities for Brands and Marketers...by the Data" - Doug Zanger

http://www.thedrum.com/news/2016/04/21/infographic-mothers-day-opportunities-brands-and-marketersby-data

Doug Zanger


米国では母の日が近づき、小売店の奪い合いが始まっています。全米小売業協会(NRF)、2014年の祝日には$ 199億が消費者によって費やされました。一人当たりの平均は$ 162になります。デジタルの好調が継続していることから、さらに突き進みより大きな利益を得る機会があることは明らかです。そのためにも、The Trade Deskは最近、いかにブランドが1年のこの時期に最も重要な人々、すなわち、母親のための買い物をしている、特に若い消費者に到達することを利用できるか調べるためにデータを掘り下げてみました。

「我たちは母の日の買い物客の多くが、考えようによってはビデオゲーマーやコンサートに行くような人、私たちが一般的に若い層に分類する人々寄りの少し若い傾向にあることがわかりました。」と、The Trade Deskのシニア分析ディレクターであるMark Davenportは述べます。

The Trade Deskはよく似たモデリング、サードパーティ、位置データを用いて、米国の4つの地域:中西部、北東部、南部、西部における母の日の買い物客のプロファイルを構築しました。そこから洞察が収集されました。結果の一部は、あっと驚くようなことではないにしろ、興味深いものでした。例えばデザートは、各地域でトップ5に入りました。しかし花は、通常母の日のショッピングの重要商品ですが、2つの地域のみでトップ5の選択肢に含まれました。その他の微妙ではありますが重要な教訓も、ブランドに機会を提供することができました。

「(南部の人々が)母の日のプレゼントをオンラインで買い物をする時、ガーデニングのアクセサリーや同類の物を探していたように見えました。」と、Davenportは指摘します。「マーケティング担当者は、自社の製品について宣伝しようとしている場合、南部を探すときはおそらく少し若い層を見る必要があります。」

北東部において一位を占めたガーデニングへの愛を含めて、いくつかの例外はありました。

「自分自身について考えると、私は南部で育ち、中西部で長い時間を過ごしました。屋外には普通大きな芝生やスペースがありました。それに対して北東部では区画が少し小さく、都市部に多い傾向があります。ですから私は北東部対中西部の面では逆であると予想していました。」とDavenportは語りました。

多くの人々の念頭にある選挙においてブランドやマーケティング担当者にとって役立つことが証明されたデータを知らせることにより、政治もデータに影響を及ぼしました。

「それは選挙の年であることを考えると面白いことです - 人々がどのようにメディアを消費しようとしており、どのようなニュースソースを利用しているかを知ることは非常に重要です。人々が特定の政党に他よりも傾倒している場合、私はそれが(重要である)と思います。そして、マーケティング活動が選挙につながると考えているのであれば、あなたの人口動態がどの方向に傾いているのか判断することにより、The Washington PostかDrudge Reportのどちらでマーケティングをする必要があるのかがわかります。」

データの真っただ中でDavenportは、米国で一年に一回のお母さん達のお祝いを活用したいブランドやマーケティング担当者に対して、役立つアドバイスを提供しました。

「オンラインのオーディエンスを理解し、オンラインにおいてマーケティング活動を改善したいブランドは、豊富なファーストパーティデータのソースを持つことから始める必要があります。あなたがファーストパーティーオーディエンスが誰であるか、彼らが持っているものの特性、彼らがどのような人々か、彼らの特徴は何かを理解させてくれ、これらのプロファイルのターゲット化を助けてくれる技術パートナーを見つけることが大切です。」