June 28, 2016

Adweek "The Big Topics of Conversation at Cannes This Year" - Brian Stempeck

http://www.adweek.com/sponsored/3-conversations-fr...

Brian Stempeck

The advertising industry's annual party on the French Riviera might be over, but its impact is only beginning to be felt.

CEO、CMO、業界のリーダーたちとの会話の一週間後、広告業界への技術の融合がかつてないほど進歩していたことは、私にとって明らかでした。ここでは、年間を通して繰り返し会話のネタとなった3つの話題について説明します:

1. クリエイティブが技術と出会う カンヌの最もよいところの1つは、優れたクリエイティブの祝賀会です。技術とデータは、メディアバイイングの世界の変化に大いに貢献してきました。そしてデータは、広告を受けるべき者および彼らが見るべき広告の解析に重要な役割を果たしています。

しかし、ここに憂鬱になる一般的なシナリオがあります:代理店とDSPは、広告手にとって価値のある一人の消費者とは何かを正確に判断するための1,472のデータポイントを持っています。彼らは、広告、理想的なサイトと配置において完璧な瞬間に向かっています…そして世界中のその他すべての消費者に十億回も見せた広告と同じ広告を見せます。

クリエイティブの共鳴がなければデータと技術は意味がないため、広告のメッセージングおよびビジュアルは、まだキャンペーン成功の鍵を握っています。技術とクリエイティブ(本当に測定可能なクリエイティブ)のロマンスはまだ初期段階です。カンヌで最も興味深いクリエイティブな仕事は、無数のターゲティング方法とマッチしただけでなく、消費者体験をそれが属するところの中心に置きました。

2. オーディオにおける機会が明確である マーケティング担当者がカンヌで明らかにした一つのメッセージは、資金が消費者の日常生活によりシームレスに収まるメディアチャネルに移行していることです。おそらく、広告ブロックに触発されたこの傾向により、ネイティブとオーディオの両方が中心になりました。特にデジタルオーディオの将来は今年のフレンチ・リヴィエラで大評判を取りました。

Why? Take the scale of terrestrial radio, and apply better targeting, reporting and attribution. Digital audio is massive—the average Spotify user is on the app 148 minutes per day, hearing two minutes of ads per hour on average. Those users listen on the commute, at the gym and at home. Along with being able to bring their own audience data to the table, advertisers can use self-declared context from the user ("I'm having a dinner party!"), making ad messaging that much more nuanced and relevant. Not to mention, a wider variety of more relevant ads will improve the Spotify consumer experience.

3. 代理店の組織図を書き換えるときです 一部のマクロトレンドは、代理店の組織図のパーフェクトストームに結びついています。

まず、プログラマティック広告の支出は、今では広告主との意味あるメディアの会話の一部であり、その大部分を占めています。

第二に、自動化され、保証されたプライベートマーケットプレイスの取引の隆盛に伴い、より多くの代理店がますます、「なぜ私たちはパブリッシャーによる直接購入のための広告掲載申込みと広告サーバーを使用しているのだろうか?DSP上に移すことはできないだろうか?」と尋ねています。

そして第三に、単一のプラットフォームからすべてのメディアチャネルを購入することがますます簡単になるにつれ、それは良くも悪くも、より多くの代理店のチームとの間の壁を壊しています。メディアチームと代理店のトレーディングデスクの間で代理店の政治があまりに扱いにくいと思った場合は、テレビバイイングをミックスに加えるまで待ちましょう。

これらすべては、代理店にとって何を意味するのでしょうか?簡単に言うと、プログラマティックメディアのバイヤーは、クライアントに寄り添う必要があります。それが専門家から顧客対応のプログラマティックリードへのシフトです。

私たちは全員、このシフトが起こることを初めから知っていました。それを明確にするため、ロゼのグラスを手に取ったのです。