June 8, 2016

AdAge "Programmatic and Politics: What's Working and Why" - Jed Dederick

http://adage.com/article/the-trade-desk/programmat...

Jed Dederick

2016年の大統領選挙は、ほぼすべての面で今までとは違います。特にデジタルメディア戦略において、今回のキャンペーンシーズンは今までより顕著です。

広告技術の進歩は米国市民に対する候補者のマーケティングにおける、キャンペーン管理者のより繊細なワントゥワンアプローチを支えています。では2016年の選挙戦で、何が活用され、なぜ成功したのでしょうか:

投票に行く可能性のある有権者を見つけるためにデータを利用する

キャンペーンでは、有権者自身や第三者の視聴者データを効果的に利用することによって、2016年に必ずしも期待していなかった新たな有権者を見つけることができました。この方法で候補者は広告キャンペーンがうまくいっているかをリアルタイムで確認することができました。従来のメディア購入と分析が終わるのを待つよりも早く、ほぼ瞬時にプログラマティックマーケティングはキャンペーンの状況を知らせることができます。この即時性によって、キャンペーン管理者が異なる仮説を検証し、何が機能しているかを測定し、より効率的なメディア予算を作成することを可能にしています。

キャンペーンを強化するための洞察を特定する

プログラマティックは、有権者の関心、オンラインアクション、好みについてよく学ぶよう候補者を奨励してきました。キャンペーンのパフォーマンスデータのような自身のデータセットと第三者から提供されたデータのような他のデータセットを比較することによって、キャンペーン管理者は有権者に対する到達の仕方に影響を与える精細な洞察力を養っています。たとえば、政治キャンペーンに1,000ドル以上を寄付する人々の多くがiPhoneを所有していることに気付けば、候補者のモバイル広告戦略に影響を与える可能性があります。

有権者とのワントゥワンメッセージング

各投票者は、それぞれ別の興味、バイアス、視点を持った個人です。2016年の選挙戦では、プログマッティク広告によってキャンペーン管理者は各個人に響くメッセージングを作成することができます。マーケットプレイスで集められた大量のデータとリアルタイム入札が可能な意思決定レベルにより、政治広告バイヤーは、視聴者の知識を含めたほぼすべての広告について知らせることができます。候補者は、各有権者独自の関心に対してメッセージで応えることができています。有権者の言語で話し、彼らのバイアスに対して語りかけるメッセージングプラットフォームだからこそ実現できる結果です。

有権者についていく

今年のプログラマティックデジタル戦略を進めているキャンペーンでは、そのままの有権者を見ていて、報告された通りではないと考えています。プログラマティック広告のプラットフォームを通じて洞察力養うことにより、候補者はオンライン投票者の実際の行動についての学習と実世界のデータをもとにした仮説を立てています。世論調査などの有権者のことを知る伝統的な方法と比較して、候補者の投票者を理解しようとするこの方法は、規模を最大化し、バイアスが生じる可能性を制限します。

強健なプログラマティックデジタルメディア戦略は、政治メディアの幹部に見識を広め仮説を立てることにより多くの時間を費やし、一般的なことやキャンペーン前の段取り、予算配分にかかる時間を少なくすることができます。プログラマティックによって広告インベントリを探し、キャンペーンを最適化し、影響を判断することが簡単になりました。キャンペーンは、メッセージング、クリエイティブ、候補者のプラットフォームを知らせてくれる、有権者の関心に関する現実世界の知識を獲得するのです。

最終的に、プログラマティックを通じて、有権者の特定の価値、意見、優先事項と一致したメッセージングを持って、適切な個々人に的を絞ることにより、候補者はより多くの票を獲得する機会を得ることができるのです。