February 22, 2016

Three reasons video advertising will continue to dominate 2016

The Drumより

昔の諺にあるように、お金は目の玉についていき、2016年、すべての目はビデオに注がれています。映像コンテンツの爆発的成長の年が過ぎた後、この人気の急上昇がただのフレーズとして片付けるべきではないことが明らかになってきています。実際、Ciscoによると、ビデオは2019年まで にグローバルなインターネットのトラフィックの 80%を占めると予測されています。高いCPMであっても、ビデオの安定した傾斜を鈍らせることはないでしょう。eMarketerは、英国のプログラマティックビデオ広告の支出が、 今年16億6,000万ドル(全支出の11.3%)に達すると予測しました。

その莫大な可能性は別として、ビデオ広告はビューアビリティにおける欠点や詐欺のせいで好ましくない注目も浴びています。ビデオ広告への記録的なキャッシュフローが見当違いであると主張している人々がいますが、この投資の増加は、強力な広告媒体としてのビデオの可能性を確証するものです。この投資の影響を直接受けて、バイヤーとセラーは、業界が必死になって求めている解決策を早急に見つけるため共に取り組んでいます。

これまで長い道のりを歩んできましたが、ゴールはまだ先のようです。ビデオ広告の測定基準の品質を改善し続けることが重要です。私たちがビデオに支配される2016年、これらの3つの要因が話を先に進めます。

1. オンラインビデオ広告は強力に取り組みを誘発する

技術によってビデオコンテンツの生成がより安価になり、どこでもブランドにアクセスしやすくなりました。ビデオ広告も強力です。例えばDemand Metricが2014年にマーケティング担当者や代理店を調査すると、回答者の71%が自社のビデオ変換の性能が他のメディアよりも優れていると述べました。さらに英国では、2015年H1のビデオCTRが標準のバナーディスプレイ広告CTRより0.11%から0.34%優れていたとeMarkerterは報告しています。

オンラインビデオが凌ぐことができるメディアはディスプレイだけではありません。IABとNielsenは、 オンラインビデオ広告が多くのカテゴリでテレビ広告 を凌駕することを見つけました。この事実はテレビが完全にプログラマティックな市場を十分に利用するようになるまで変わらないでしょう。

ビデオは複数の感覚に訴えかけるため、ディスプレイよりも没入型の広告となり、ターゲットオーディエンスにとってより魅力的なものとなります。

2. ビューアビリティが改善している

ディスプレイのビューアビリティが改善された後、現在焦点はビデオに移行しています。これにも正当な理由があります。2015年第3四半期に、 Integral Ad Scienceは英国のビデオ広告の 68%が視聴不可能であると報告したのです。え〜 。

しかし今すぐ血迷ってビデオ予算を移行し始めるようなことはしないでください。2016年、状況はすでに上向きです。Moatのような 会社やOpen VVなどの組織による新たな取り組みのおかげで、ビデオのビューアビリティは改善・標準化されています。インビュー率、視聴完了率、インビューで再生されたビデオの割合、全画面表示率などの指標は、今年すでに勢いを増しています。

大切なのは、明白な方法でそれについて話し続けることです。

3. ネイティブがプログラマティックビデオのリングに上がった

InstagramやSnapchatなどのソーシャルメディアブランドは、ビデオコンテンツとネイティブ広告の両方に大きな賭けをしています。マーケティング担当者にとって、巨大な可能性があることは疑いの余地がありません。

例えば、Michael Korsは最近、 Instagramによるビデオ広告プログラムの英国デビューを助けました。 Snapchat は今年APIを開始し、セルフサービスの広告市場を追うことを計画しています。Facebookの没入型の仮想現実ビデオへの賭けは、ネイティブビデオ広告の豊かな未来を求めています。

これらはネイティブビデオ広告への大きなステップです。ネイティブは視聴時間の増加やビューアビリティの向上と相まって大規模にビデオ広告を推進する態勢にあります。