March 7, 2016

Three reasons programmatic video is changing the game

The Telegraphより

高度にキュレートされたテレビを体験している視聴者は、伝統的なコードが必要なのか考え直すようになりました。今度は広告主が彼らに到達する方法を再考し始めています。

データ駆動型のマーケティングが広告に対する私たちの未来の従事の仕方を形成していることに疑いはないのですが、私はバナー広告があなたを泣かせてきたのではないかと疑っています。この理由から、テレビやビデオはブランド広告のための黄金律のままで、その未来は明るいでしょう。

プログラマティックの精度、洞察力、最適化をビデオクリエイティブと共鳴させることで、形勢は一変します。理由は次のとおりです:

1. 支出はプログラマティックTVに移行している

メッセージングにはリアルタイムでテレビ広告を売買する機能があるため、これまで以上に適切で目標化される可能性があります。

プログラマティックTVにより、ブランドは自社に興味を持つ消費者に到達し、効率的に予算を伸ばすことができます。

2. コードユーザー、コードシェーバー、コードカッター、コードネバーに歩み寄る

テレビ業界の進化に伴い、視聴パターンは細分化しています。ユーザーが平均3〜4台持っている接続されたデバイスのいずれかでいつでもTV/映画にアクセスできるだけでなく、多くのユーザーはコンテンツにアクセスする方法を変えています。

3. 細分化された視聴によって高まるターゲティングの可能性

視聴者のサブセットカテゴリは、マーケティング担当者がオーディエンスの特別な関心や好みを知る力があることを意味しています。このユーザー選好に基づいて視聴される世界では、広告もユーザーの関心を反映するべきではないのでしょうか?

視聴者が細分化し続けるにつれ、ターゲティングはより正確で具体的になります。そろそろ秘密を教えましょう:プログラマティックは、キャンペーンを効率的に実施し成功させるために必要なのです。

今こそ、テレビのバイヤーはオンラインに期待するようになったパフォーマンスレベルを要求する時です。