Spotify and Pandora Are Changing the Programmatic Tune for Advertisers

by Tim Sims, VP of Inventory Partnerships

April 11, 2016


マーク・マロンの「WTF」や、Spotifyのお気に入りのプレイリスト、Pandoraのステーションを再生リストに追加しないで、ランニングをしたり、電車に乗ったり、夕食の準備をしたりする人がいるでしょうか?実際に私は今、タイピングしながらSpotifyを聞いています。

私たちはオーディオの新しい黄金時代の真ん中にいます—なにが良いかというと、私たちが聞きたいものを選べるのです。この四半期で、Spotifyのアクティブリスナーが世界中で801億人に達すると 見込まれている一方で、Pandoraは米国単独で1008000万を超えるアクティブリスナーがいます。Apple MusicとiHeart Radioもまた、相当なユーザーベースがあります。そしてもちろん、いろいろなことに使えるpodcastがあります。

素晴らしいコンテンツ、しっかりと関与するオーディエンス、大規模な配信と、 6464億ものインターネットに接続されたデバイスは、オーディオ広告の約束された未来を示唆しています。 特にプログラマティックは、雰囲気を壊すことなく、世界中のアクティブリスナーに価値あるメッセージを配信する最も重要な位置にあります。

Here's why audio offers marketers huge potential in the context of programmatic.

As the world goes mobile, audio goes with it

Music, podcasts and audiobooks have become deeply integrated into our daily routine. A ritual that was once reserved for living room radios—and then car rides—has evolved into something that can be taken with us anywhere. Because digital audio accompanies us on our daily routines, there is richness to the data that far exceeds other channels.

運動中、通勤中、仕事中に聴く音楽の種類について考えてみてください。これらを行っている時の人の気分や集中の度合いが、マーケティング担当者にとってはオーディオの文脈となります。音楽ジャンルの微妙な違い、それが再生されるタイミングと場所は、適切な広告機会を知らせるために利用されます。

大量のデータは、利用者のオーディオ習慣を理解し、それについて正しく推定を行うことが求められます。利用者の日常生活に合わせて最適なマーケティングメッセージをカスタマイズすることは容易ではありません—音楽のムードを壊す危険覚悟のものです。しかしそれが正解であれば、状況に合った価値あるメッセージングは、オーディオを介して非常に強力なものとなります。

例えば、あなたが夕方自宅でオールディーズステーションを聴いていて、ほとんどの曲をスキップしない場合、おそらく家族との夕食の準備をしているのでしょう。食品ブランドのマーケティング担当者は、自社の製品を使用したレシピを宣伝するために、その情報を利用することができます。オーディオを介したこのタイプの没入型ターゲティングは、利用者の生活習慣に合わせることによって、より共通の状況にあったターゲティングをさらに一歩前進させます。

Audio is primed for programmatic intelligence

In addition to its rich data, audio appears to be preordained for a seamless transition to programmatic. From a technical standpoint, the real-time bidding process works exactly the same. In fact, the IAB added new digital audio content up for review in its OpenRTB 2.4 specifications—speaking to the standardization of engagement with programmatic audio buyers and sellers. On the creative side, supplying these audio ad formats would be an easy addition. Most brands already have audio content or can repurpose video ads with audio voiceover.

最後に、プログラマティックが他の多くのマーケティングチャネルを通して証明してきた通り、現在オーディオスペースに欠けている業務の効率化を行うことができます。例えば、個々のサービスとは対照的に、オーディオ広告のプログラマティックバイイングがオーディオサービスの多様性(音楽ストリーミング、オーディオソーシャルネットワークやポッドキャスト)を通して、オーディエンスは多くなります。この10年間で、デジタルは全体的に消費されるメディアの中で新しい伝統的形式となっており、オーディオも例外ではありません。ラジオは生産され続けるコンテンツの特色から、有力な勢力として再浮上しています。デジタルオーディオの移動要因が一日を通してあなたのオーディオ体験をキュレートおよび携行する能力と相まって、メディアに新たな風を吹かせています。

The power and efficiency of programmatic now has our sights set on the platinum age of audio on the horizon. And we are eagerly listening for that future.

Adweekより