業界トレンド

Back to basics: why your team should know the history of programmatic

May 24, 2016
by James Patterson – GM, UK

In an industry that moves as fast as ad tech, keeping up to date can be both overwhelming and exhausting. Advancements and improvements are always imminent, while buzzwords and acronyms are added daily to the already oversaturated list of industry jargon. And yet, this is what we live for.

Advertising folks have a bit of a “shiny new object” syndrome, often overly eager to latch onto the latest trends, sprinkling the hot new topic into their discussions to prove they’re in the know. But before we move on to the next big thing in programmatic, it’s important to reflect on the history of how our industry got where we are today. Agencies sit at the nexus of the advertising universe. In order to evolve into an agency of the future, a deep, fundamental understanding of programmatic is just as crucial for your team as its nimbleness to adapting trends. Here are three reasons why you should encourage your team to go back to the basics:

 1.基本を理解せず、最新ツールを最大限に活用することはできません。

すべてのプログラマティック市場は一連の規則によって管理されており、バイヤーはモバイルビデオなどの新しいフォーマットまたはデスクトップディスプレイのような定番のどちらを購入するかに関わらず、常にそれらをしっかり把握する必要があります。

新しいプログラマティックの技術を試す前に、バイヤーは参加しようとしている市場を評価しなければなりません。あなたが購入しているインベントリは、誰もが参加できる市場として他のマーケターも利用できますか?あるいは、優先取引によって独占的に利用できるのでしょうか?取引において、どのような種類のデータを適用することができますか?パブリッシャーは自身でそれを用意していますか?最新の広告商品とターゲティングツールは、バイヤーが最初に基本規則に関するこれらの基本的な質問に答えることができない場合、最終的に価値がありません。

 2.プログラムマティックのルーツを知ることで、最新の発展が理解できます。

It’s hard to understand why things are happening in the present without a clear grasp of how we got here. For instance, programmatic TV is one of today’s hottest ad tech conversation topics, but Google actually tried to make real-time bidding work in television all the way back in 2011. The project failed when major TV inventory holders chose not to participate. At the time, they were worried that the transparency and fluctuation of RTB ad rates would cause them to lose control over their pricing.

That’s why the current wave of programmatic TV solutions have all avoided real-time bidding. Instead, these new technologies are focused on automating the workflow and allowing buyers to apply audience data to inventory that the networks retain complete control over.

This is just one example. Unless you have the full back story, it can be extremely difficult to understand what’s motivating the biggest players in programmatic.

 3. “Those who don’t learn from (programmatic) history are doomed to repeat it.”

プログラマティックの過去の失敗を知ることで、新しいプラットフォームや購入技術の推進にあたって、その是正が可能であることを確認できます。

その例として、マーケターが支払って走らせている広告を人々が実際に見ているか確認することとなると、デジタルディスプレイのエコシステムには常に大きな問題がありました。2016年、私たちはビューアビリティやボットによるアドフラウドという二つの問題への取り組みを始めています。業界がコネクテッドTVのような新しいスクリーンやバーチャルリアリティのような新しいフォーマットに対応し始めているため、以前の失敗から学び、これらの問題を未然に防いでいくことが重要です。

将来のプログラマティック広告のエコシステムは、誰もが信頼できる公正な市場である必要があります。プログラマティック広告のエコシステムを公正な場とし、その迅速な適用を続けるための唯一の方法は、プログラマティック広告の当事者である私達がその基礎を学び、基礎から不正をなくすものを作り上げていかなければなりません。強固な知識基盤があれば、チャンスは広がります。

As originally published on The Drum

ストーリーをシェア