May 24, 2016

Back to basics: why your team should know the history of programmatic

アドテクほど動きの速い業界では、遅れずに付いていくことは不可抗力で疲労困憊します。進歩と改善が常に差し迫っている一方で、流行語と略語は、既に飽和状態の業界用語リストに毎日追加されていきます。それでも、私たちはこのために生きているのです。

広告業界の人々は、軽い「キラキラした新しい物」症候群にかかっています。彼らはその知識を証明するために、議論にホットで新しい話題を織り込み、過度に最新のトレンドを把握したがることがしばしばあります。しかし私たちはプログラマティックにおける次の大きなものに移る前に、この業界が今日のように至った歴史をよく考えることが重要です。代理店は広告分野の中心に存在しています。未来の代理店へと進化するためには、プログラマティックに関する深く基本的な理解が、トレンドの適応へのすばやさと同じくらい、あなたのチームにとって重要です。ここでは、あなたのチームに基本への立ち返りを奨励すべき3つの理由をご紹介します。

 1. 基本を理解しない限り、最新ツールを最大限に活用することはできません。

すべてのプログラマティック市場は独自の一連の規則によって支配されており、バイヤーは携帯電話の動画などの新しい形式またはデスクトップディスプレイのような定番のどちらを購入するかに関わらず、常にそれらをしっかり把握する必要があります。

新しいプログラマティック技術を試す前に、バイヤーは参加しようとしている市場を評価しなければなりません。あなたが購入しているインベントリは、誰もが参加できるマーケットとして他のマーケティング担当者も利用できますか?あるいは、優先取引によって独占的に利用できるのでしょうか?取引にどのような種類のデータを適用することができますか?パブリッシャーは自身でそれを用意していますか?最新の広告製品とターゲティングツールは、バイヤーが最初にその使用を支配する基本規則に関するこれらの基本的な質問に答えることができない場合、最終的に無価値です。

 2. プログラムマティックのルーツを知ると、最近の進化が理解できます

私たちがここに行き着いた方法を明確に把握せずに現在物事が起こっている理由を理解することは至難の業です。例えば、プログラマティックTVは今日のアドテクに関する会話の中で最もホットな話題の一つですが、はるか2011年にさかのぼると、Googleは実際にテレビへのリアルタイム入札(RTB)を行おうとしていました。テレビインベントリの大量保有者が不参加を決めたために、プロジェクトは失敗しました。当時、RTB広告料金の透明性と増減によって価格設定を制御できなくなることを彼らは心配していました。

これが、現在のプログラマティックTVソリューション現象においてすべてリアルタイム入札が避けられてきた理由です。その代わりこれらの新技術は、ワークフローの自動化や、ネットワークが完全制御を維持できるインベントリに対してバイヤーがオーディエンスデータを適用できることに焦点を当てています。

これは単なる一例です。完全な裏事情を知っている場合を除き、何がプログラマティック最大のプレーヤー達をやる気にさせているのか理解することが極めて困難な場合があります。

 3.「(プログラマティックの)歴史から学ばない者は、それを繰り返す運命にある。」

プログラマティックの過去の失敗を知ることで、新しいプラットフォームや購入技術の推進にあたって、その是正が可能であることを確認できます。

その例として、マーケティング担当者が支払っている広告を人々が実際に見ているか確認することに関して、デジタルディスプレイのエコシステムは常に大きな問題がありました。2016年、私たちはビューアビリティやボット詐欺という二つの問題への取り組みを始めています。業界が接続型テレビや仮想現実などの新しい形式のような新しいスクリーンに適応し始めるに当たり、過去の失敗から学び、これらの問題を蕾の時点で摘み取​​ることが重要です。

将来のプログラマティックエコシステムは、私たち全員が信頼できる公正な市場である必要があります。それに追いつきすばやく適応し続けるには、基礎から自分自身を教育し、そこから成長することが唯一の​​方法です。強力な知識基盤があれば、機会は十分にあります。

The Drumより