業界トレンド

業界のインサイト:3月の必読記事

April 4, 2018

If there was a single thread to be pulled from the March news circuit, it should be this: as consumers become increasingly connected, the need for marketers to prioritize the programmatic approach is clear. Here are our top-three favorite reads from across the industry this month:

1. Digiday:The New York Times、プログラマティック広告営業チームをより規模の大きい広告営業組織に統合

「プログラマティック広告は引き続き当社のビジネスの重要な要素です。非常に重要だからこそ、プログラマティック広告の営業を営業組織全体に統合し、プログラマティック広告オペレーションチームを中心に編成して、販売側とプログラマティック広告の広告主をサポートすることにしました」

プログラマティック広告が成長を続ける中で、プログラマティック広告と他のタイプの広告との区別がなくなってきています。プログラマティック広告チームをより大きな営業チームに組み入れるというNew York Timesの決定は、業界にとって重要な進化の転換点です。世界で最も尊敬されている新聞社の1つが、その大きなビジネス戦略のシームレスな1部分としてプログラマティック広告を導入したことは、広告がより透明で、より正確で、よりパワフルなものへとシフトを続ける為の、広告売買の方法の変革に寄与するムーブメントです。

2. Forbes:プログラマティックテクノロジーがマーケティング戦略の一部を担うべき3つの理由

「スケーラブルで効率的な広告キャンペーンを提供できるプログラマティックは、当社の事業を含め、多くの他の組織におけるデジタルメディアトレーディングの起爆剤になりました」

プログラマティック広告は、広告主にとって2つの大きなメリットがあります。第1に、マーケターは媒体費用の効率を飛躍的に高めることができます。それは、オープンマーケットでは価格が透明になり、無駄の削減が可能となって、ROIを高めることができるためです。第2に、プログラマティックが提供する粒度によって、マーケターはこれまで以上に正確に広告購入を管理してインサイトを得ることができます。

3. Recode:インターネットで変貌するMarch Madness

“‘Tech has really enabled the over-the-top fandom around this,’ SB Nation Editor in Chief Elena Bergeron said on the latest episode of Too Embarrassed to Ask. ‘In previous years, if you had the CBS partnership — the rights to actually air the games — CBS was in control of what games it aired, on one broadcast network. Especially in the first weekend, when there are 64 teams, there are games going on simultaneously every day.’”

消費者がコンテンツを継続的にストリーミングする過程で、(特にスポーツなどにおいて)視聴オプションは改善されていきます。消費者はビッグゲームや重要なプレイを見逃す心配がなくなります。いつでもどこでも、好きなときにチューニングできるようになります。したがって、(特に、間近に迫ったアップフロントシーズンにおける)広告主へのアドバイスは、次のようになります。「プログラマティック広告のためにアップフロント予算の一部を確保するようにしてください。これは、なお増大する、ネット接続されるオーディエンスにリーチするためのカギとなります」