March 14, 2016

Here's What Digital Political Advertising Will Look Like in 2016

AdWeek.comより

 過去50年間、テレビは有権者とつながりを持ちたい政治家にとって最も効果的な媒体です。しかしそれが変わろうとしています。

メディア追跡会社Borrell Associatesが8月に公表した 報告書 によると、10億ドル以上が2016年の選挙シーズンに費やされました。この数は同じ期間中にテレビ広告に費やされる額より随分少ないものの、4年前の大統領選挙サイクルでデジタルに使用された160,000,000ドルと比べると大幅な増加です。

このように、2016年はプログラマティック広告にとって移行の選挙の年となるはずです。政治キャンペーンのマネージャーがユニークなメッセージで特定の有権者に訴えかけるデジタル広告の強力な能力を発見することにより、政治においてプログラマティックが飛躍する年となることを広告業界の関係者は期待しています。

有権者はデジタルにあり

マーケティングの世界において、「お金が目玉に付いていく」のは昔から分かりきったことで、それがまさに今年起ころうとしています。Mary Meekerの最新のインターネット動向報告書によると、 今日平均的なアメリカの成人は、毎日5時間半以上をデジタルメディアに費します。これは2012年から30%増加しました。

この数字は前回の選挙以降着実に毎年上昇しており、おそらくオバマ大統領の後継者の最初の任期を通じて上昇を続けるでしょう。したがってBorrell Associatesによる、2020年の選挙におけるデジタル政治の支出がなんと33億ドルに上るとの予測も不思議ではありません。

オンラインメディアは2012年当時よりはるかに優勢になりました。

重要なことですが、過去3年間でノートパソコンやモバイル機器に費やす時間が30%増加したことは、私たちが見ようとしているオンラインの政治的支出が 約700%増加 したことの唯一の理由ではありません。

また、オンラインビデオは近年爆発的に 増加 しました。人々がテレビで使用する視覚、聴覚、モーションと同じ組み合わせにより、広告主が人々に到達する多くの機会を与えています。その一方で、ウェブパブリッシャーは規模の成長—BuzzFeedは2012年より月間訪問者数が3倍に増加—だけでなく、ビューアビリティを最大化するための設計適化により人々が彼らの広告を見るよう 躍進してきました。

おそらく最も重要なことに、モバイル広告—かつてのパッとしないクリエイティブフォーマットの荒れ地—は、近年 その足場を作りました。eMarketerは、モバイルが2016年の広告費でデスクトップを上回ると予測しています。実際、デジタル投票を揺るがす絶好の機会です。

データ駆動デジタルが選挙を飲み込んでいく

この選挙サイクルの最大の変化の一つは、地方政府の候補者がブランドと同じプログラマティック広告技術を使用し始めようとしていることです。

この技術的専門知識は以前大規模な大統領選挙戦や議会選挙戦に限定されてきましたが、多くの小規模テクノロジー 企業が過去数年間、政治組織がより小さな予算でより高度にターゲットを絞ったオンライン選挙戦を容易に実施できるようにするとの意図を持って出現してきました 。

正確なオーディエンス層に広告メッセージを合わせることによって、候補者は選挙戦予算全体を台無しにすることなく、最も大切な有権者と1対1で会話できるようになります。

デジタル広告によって、2016年の候補者は選挙の夜、彼らの運命を決める人々の集まりに直接語りかける絶好の機会を提供しています。したがって勝利パーティーを望む選挙参謀は、目標を達成するためにこのようなツールを活用する方法について考え始める必要があるのです。