業界トレンド

アジア:プログラマティックの成長について、2018年の予測

January 10, 2018
著者:Matt Harty –アジア太平洋地域担当シニア・バイス・プレジデント

I’m expecting 2018 to be a stellar year for programmatic in Asia. Long-term economic and demographic trends in the region will reach a tipping point, which is likely to coincide nicely with shorter-term positive developments in the digital advertising ecosystem. All this to say, it’s likely to be a watershed year.

Here are a few trends to keep an eye on:

1. Asia rises

Let’s start with a macro view. According to research by the Brookings Institute, the world will add another billion middle-class consumers within seven years, with the vast majority of that number residing in Asia[1]. And a huge proportion of this new middle-class population will be buying cars, plane travel, packaged food, cosmetics, financial products. You name it, they’ll buy it – and they’ll likely be buying it for the first time.

If global brands are serious about growth, they need to knuckle down and start winning those hearts and minds now. And they are. Brands are hearing the message loud and clear, as eMarketer estimates that paid advertising spend in Asia-Pacific will outpace North America by 2019. Expect a huge ramp up in activity in 2018, as agencies lay the infrastructure they’ll need to deliver their future campaigns to this growing population of Asian consumers.

2. Mobile takes centre stage

アジアの新興中流階級の消費者に関する話題ですが、アジアで大量に購入されている最初の製品といえばスマートフォンです。スマートフォンが大量に購入されていることは、2018年のモバイル広告の成長を裏付ける説得力のあるストーリであることは確かですが、それだけではありません。

これらの中流層の消費者はスマートフォンを購入するだけでなく、データ消費量も増加させています。動画の視聴も増え、アプリの使用もより増加し、その他のインタラクティブなフォーマットも利用するようになってきています。同時に、インパクトの強いフォーマットはメディアプランによりシームレスに統合され、アジアの広告主にとっての真の選択肢になりつつあります。2017年には、成功を収めた多くのキャンペーンがオーストラリアから東南アジアの市場へとシフトしてきました。2018年には、この傾向の勢いが増すと予測されます。

アジアのメディアエージェンシーがビューアビリティ測定に関して世界のベストプラクティスと肩を並べるようになるにつれて、モバイル広告支出の増加が見られるようになるだろうと私は期待しています。実際、キャンペーンでビューアビリティパートナーのサービスの利用について問い合わせが増えてきていると実感しています。テクノロジーが洗練され実用性が生まれれば、モバイルへの投資増加に自信が生まれます。

3. CTVを繋ぐ

Programmatic advertising and Connected TV are a match made in heaven, and 2018 is the year I think more and more advertisers in Asia will come to realize it. In 2017, we launched our first programmatic Connected TV campaign in Australia, and there are many more in the pipeline. With the technological foundations of CTV already laid, it’s simply a matter of advertisers and brands recognizing the potential of the medium and rolling out campaigns across Asia.

しかし、中国にはまったく別の問題があります。方法にもよりますが、中国は既にコネクテッドTVが最も進んだ市場であり、コネクテッドTVのマーケットは急成長しています。iResearchの新しい予測では、中国にけるコネクテッドTV広告費は、本年の2億5,290万ドルから2020年には19億3,000万ドルに急成長すると予測されています。グローバルブランドは、中国のコネクテッドTV市場におけるブランドのプレゼンスについて、直ちに見直をす必要があります。幸いなことに、テクノロジーはすでに成熟しており、中国のオーディエンスにリーチする準備はできています。

アジアのアドテク業界の友人、クライアント、同僚、競合他社の皆さん、休暇中に英気を養われたことと思います。忙しく(そして実り多い)1年に踏み出すわけですから、私たちには休養が必要でした。