業界トレンド

AI:トップクラスのマーケターの力を解放するカギ

October 10, 2018

Ashutosh Gangwar(データ・パートナーシップ部門、ゼネラル・マネージャー)

人工知能(AI)は、広告業界で認めざるを得ないツールとなっており、マーケターは手元で主要なデータを収集し、最適化を行い、インサイトを獲得できるようになりました。AIは戦略を推進するのではなく、レコメンドを提案します。これによって、広告主はより多くの情報に基づいた意思決定を行い、ROIを高めることができます。AIの力を説明する際、私はよく1980年代のお気に入りのTV番組「驚異のスーパー・バイク ストリートホーク」を例に挙げて説明するようにしています。

このテレビ番組を知らない人のために補足すると、Jesse Machは、驚異的な速度で走行するオートバイ「Street Hawk」に乗ることを任務としている元警察官。都市犯罪と戦うために設計されたStreet Hawkには、地図と交通情報をヘルメットに直接投影するセントラルコマンドセンターが装備されている。ハイテク機械のオートバイ、ヘルメットから送られるデータ、Machの運転技術を組み合わせてこそ、Street Hawkを犯罪と戦うスーパーバイクにすることができるというストーリーです。

Street Hawkの初回の放送から30年が過ぎた今、人、機械、データのスーパートリオのコンセプトは依然として存在し、広告業界も例外ではありません。

データとAIの比類なきコンビネーションを広告主に提供する、弊社の最新のメディアバイイングプラットフォームを検討してみませんか?メディアバイヤーの直感と経験を活かしたデータとAIを融合させることで、ブランドは独自のStreet Hawkを得ることになり、ブランド力の強化を図ることができるのです。そのような技術と人の融合による新しい時代が到来したのです。

人と技術の力を組み合わせて、入手可能な大量のデジタルデータを理解し利用することができるようになりました。広告主は、新しいAIの力を賢く利用してデータに基づいたアクションを起こし、あらゆる広告費からより多くのROIを得る責任があります。

人間と機械の力を組み合わせれば、変革は完了です。私たち自身がスーパーヒューマンとなり、スーパーマーケターとなってポジティブな消費者体験を提供しブランドを救っていく、そんな時代が到来しました。

ストーリーをシェア