業界トレンド

5 Best Practices for Buying Native Programmatically

May 10, 2016
by Tim Sims – VP of Inventory Partnerships

The beauty of native advertising entering the realm of programmatic buying is that marketers can now deliver engaging content preferred by consumers at massive scale. Consumers agree — nearly two-thirds of them find native advertising interesting and informative, according to the Association of Online Publishers. And a third are more likely to trust native ads over other traditional advertising formats such as display banner ads.

ネイティブ広告に対するマーケティング担当者と消費者の多大なる関心から、本当に見逃すことのできない機会であることがわかります。ここでプログラマティックネイティブ広告を始めるための5つのベストプラクティスをご紹介します:

1. Think holistically

Your omnichannel campaign will benefit from a consistent story across channels and devices. Native provides that opportunity — within the ad format itself — across mobile, video and desktop display. Plus, you can measure the performance of these creatives to determine how your marketing dollars are best spent.

2. Select the right ad format

ソーシャル、スポンサードコンテンツ、インフィード等、ネイティブ広告フォーマットにはいくつか種類があります。マーケティング活動を最大限に活用するために、各々の利点を理解することが大切です。例えば、スポンサードコンテンツは広告主がサイト運営者と直接作業することによって生まれ、一方でインフィードのネイティブ広告は、サイト運営者のページ上でコンテンツと統合された広告を動的に作成するための技術を使用しています。各フォーマットの長所と短所、特性を知ることで、最適な決断を下すのに役立ちます。

3. Think like a publisher

ネイティブ広告キャンペーンを成功させる鍵は、パブリッシャーのサイトとそのコンテンツとの統一感にあります。消費者が確実に広告に共感できるよう、ページの見た目、記事のトンマナ、写真のスタイルを確認してください。おそらく最も重要なことですが、消費者・読者の信頼を得るために、コンテンツに付加価値を持たせるようにしてください。

4. Set realistic goals

ネイティブ広告キャンペーンの成功は、目標を達成するために、適切な戦略を実行できるか否かに大きく依存しています。プログラマティックネイティブ広告に関していえば、それらの目標は恐らくブランディングやエンゲージメントです。しかし、あなたが使用しているネイティブ広告ユニットの種類には注意してください。スポンサードコンテンツはトップ・オブ・ザ・ファネル(購買プロセスの最初期ステージ)の効果計測指標に最適な一方、インフィード広告はCTR(クリック率)やCPA(顧客獲得単価)などの効果計測指標で評価されています。

5. Measure and optimize

There are many flavors of native advertising, and each has appropriate measurements of success. One thing to remember is that programmatic native in particular allows for the ability to optimize based on performance data — just like display or mobile campaigns. Make sure you always test images and copy to see what resonates with consumers, and then optimize based on the results. 

There’s a lot to look forward to in the coming year with the merging of programmatic and native. As with most digital innovations, the industry will discover new opportunities and define standards that have yet to be determined.


As originally published by Adweek

ストーリーをシェア