5 Best Practices for Buying Native Programmatically

by Tim Sims, VP of Inventory Partnerships

May 10, 2016


プログラマティックバイイング部門に加わるネイティブ広告の魅力は、マーケティング担当者が、消費者が好む魅力的なコンテンツを大規模に配信できるということです。 Association of Online Publishersによると、消費者のほぼ3分の2がネイティブ広告に興味を持ち、有益であると考えています。そして残りの3分の1も、ディスプレイバナー広告などの他の従来の広告フォーマットよりネイティブ広告を信頼する傾向があります。

ネイティブ広告に対するマーケティング担当者と消費者の多大なる関心から、本当に見逃すことのできない機会であることがわかります。ここでプログラマティックネイティブ広告を始めるための5つのベストプラクティスをご紹介します:

1.全体論的に考える

あなたのオムニチャネルキャンペーンは、チャネルとデバイスの一貫したストーリーによって恩恵を受けます。ネイティブ広告は、その機会を—広告のフォーマット内で—モバイル、ビデオ、デスクトップディスプレイを通して提供します。さらに、マーケティング費用のベストな使い道を決定するため、これらのクリエイティブの成績を測定することができます。

2. 適切な広告フォーマットの選択

ソーシャル、スポンサードコンテンツ、インフィード等、ネイティブ広告フォーマットにはいくつか種類があります。マーケティング活動を最大限に活用するために、各々の利点を理解することが大切です。例えば、スポンサードコンテンツは広告主がサイト運営者と直接作業することによって生まれ、一方でインフィードのネイティブ広告は、サイト運営者のページ上でコンテンツと統合された広告を動的に作成するための技術を使用しています。各フォーマットの長所と短所、特性を知ることで、最適な決断を下すのに役立ちます。

3. パブリッシャーのように考える

ネイティブ広告キャンペーンを成功させる鍵は、パブリッシャーのサイトとそのコンテンツとの完全な統合にあります。消費者が確実に広告と関わるよう、ページの見た目、記事の調子、写真のスタイルを意識してください。おそらく最も重要なことですが、読者の信頼を得るために、コンテンツに付加価値を持たせるようにしてください。

4. 現実的な目標設定

ネイティブ広告キャンペーンの成功は、目標達成のための適切な戦略を実行できるか否かに大きく依存しています。プログラマティックネイティブ広告に関していえば、その目標は恐らくブランド戦略や関与度合いです。しかし、あなたが使用しているネイティブ広告ユニットの種類には留意してください。スポンサードコンテンツがトップ・オブ・ザ・ファネルの計測指標に最も良く一致する一方、インフィード広告はよりクリックスルー率や顧客獲得単価などの計測指標で評価されています。

5. 測定と最適化

ネイティブ広告には多くの趣向があり、それぞれに適切な成功の評価法があります。一つ、覚えておくべきことは、プログラマティックネイティブ広告では特に、広告表示またはモバイルキャンペーンといったように、パフォーマンスデータに基づいて最適化する能力を可能となります。何が消費者からの反響を呼ぶのか、常に画像と広告文を検証し、その結果に基づいて最適化するようにしてください。 

プログラマティック広告とネイティブ広告の融合に伴い、来年は楽しみなことがたくさんあります。ほとんどのデジタル革新のように、業界は新たな機会を発見し、今はまだ決まっていない基準が定められるでしょう。


Adweekより