Pat Isom

クライアント開発担当
バイス・プレジデント


Pat Isomは、The Trade Deskのクライアント開発部門のバイスプレジデントとして、大手広告持株会社との戦略的パートナーシップおよび経営陣との関係構築を統括しています。

Patは、大手広告持株会社との提携や、さまざまなフォーチュン500企業のクライアントをリードし、25年以上に及ぶ経験を有しています。2019年にThe Trade Deskに入社する以前は、LinkedInの他、Razorfish、Leo Burnett、Giant Step、Agency.com、Wells Rich Greene BDDPなどの大手デジタル・広告代理店に勤務していました。また、自動車、CPG、家電、金融サービス、通信など複数の業界にて、B2CおよびB2Bのマーケティングに深く携わってきました。デジタルおよび統合マーケティングの分野でPatが担当するクライアントには、General Motors、Ford、Toyota、Nestlé Purina、Philip Morris International、Motorola、BlackBerry、Sprint、CVS/Caremark、Energizerなどがあります。

Patは、ミシガン大学で応用経済学の修士号を、ヒルズデール大学で数学の学士号(理学)を取得。シカゴオフィス拠点。