Jeff Green

創業者、会長、
最高経営責任者(CEO)


Jeff Green (ジェフ・グリーン) は、データドリブンな意思決定で広告バイヤーをサポートするテクノロジーカンパニー、The Trade Desk Inc.の創設者であり、CEOでありThe Trade Desk Inc.の取締役会会長を務めます。The Trade Deskのプラットフォームを通じて、トップクラスの広告代理店やブランド企業による数千億にも及ぶインプレッションの購入が毎年行われています。

2016年にはIPO(NASDAQ: TTD)を成功させ、上場企業としての株価は初年度に231%上昇しました。従業員数は世界10カ国以上で約700人に及んでいます。業績としては、2012年以来、138%の年平均成長率(CAGR)を記録しています。

Greenは、効率的で透明性の高いテクノロジーを提供することで、デジタル広告の取引の未来において中心的かつ重要な役割を果たす第2世代のデマンドサイド・プラットフォームを提供する企業として、The Trade Deskを設立しました。Facebookのアドエクスチェンジ、Apple、Spotify、Comcast、CBSなどの初期のプログラマティック広告パートナーの1社であるThe Trade Deskは、Business InsiderCrain’s、Deloitte、ForbesFortuneGlassdoorなどから、急成長中の企業、そして働きやすい職場としても認められています。2015年1月には、Forbesの「米国で最も成長有望な企業トップ 10 (America's Most Promising Companies)」に選出されました。

Greenは,米国マーケティング協会からは成長著しい40歳未満のマーケティングリーダー4人のうちの1人に選出され、カリフォルニア州立大学チャネルアイランド校からは2017年のテクノロジー・リーダー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。また、Ernst & YoungはGreenと共同設立者のDave Picklesを、2017年の起業家オブ・ザ・イヤーに選びました。

デジタル・マーケティングおよび広告のエキスパートとして知られるGreenは、Bloomberg TV、Business Insider、CNBCFox BusinessNPRWall Street Journalなどの全国的メディアに頻繁に登場しています。2017年には、60 Munitesに出演し、フェイクニュースを回避する方法についてデータを用いて説明しました。

The Trade Deskを創業する以前は、彼は世界初のオンライン・アドエクスチェンジ企業としてAdECNを 2004年に創業。同社ではCOOとして戦略、製品、事業開発を主導しました。AdECNが2007年にMicrosoftに買収された後は、2年間にわたりMicrosoftのオンライン・サービス部門にて、Facebook、MSNBC、MSN、Fox Sportsの広告収益化など、リセーラーやチャネルパートナーのビジネス全般を監督しました。

Greenは、デジタル広告業界で主導的役割も果たしており、インタラクティブ広告協議会(IAB)にてネットワークおよびエクスチェンジの品質保証ガイドラインを担当する他、インベントリ獲得のための規定とベストプラクティスを制定するワーキング・グループも主導し、データ・トランザクションの基準も設定しています。

Greenは、米国および欧州の複数の広告およびテクノロジー企業にて役員を務めており、またニューヨークを拠点とするテクノロジー・プラットフォームであるAppNexusなど、複数の企業のアドバイザーも務めています。

GreenとThe Trade Deskは、Water.org、The Charity Defense Council、Thorn、Not Impossibleをはじめとする数百に及ぶ非営利団体のために活動しています。南カリフォルニアで始めた非営利学校では、2年間理事長を務めました。

居住地は、カリフォルニア州ベンチュラです。