Dave Castell

EMEA
インベントリ&パートナーシップ担当ゼネラル・マネージャー


Dave Castellは、EMEA地域のインベントリ・パートナーシップ部門のGMとして、この地域における、デジタル、モバイル、TV、オーディオなど複数のチャネルのパブリッシャー、ブロードキャスター、プラットフォームとの戦略的パートナーシップを統括しています。

もともとはミュージシャンでもあり、またジャーナリストやウェブデザイナーでもあったDaveは、20年近くにわたり、デジタル、モバイル、放送を集約する世界の最前線に立ち続け、世界有数のメディア、エンターテイメント、テクノロジー企業にて、ブランドコンテンツ、エンターテインメント、テクノロジー、広告イノベーションが交わる分野で活躍してきました。

Nokiaでは、MixRadioへの転換期におけるヨーロッパのエンターテイメント事業をリードしていました。その後のMicrosoftでは、グローバル・ブランド・パートナーシップ&マーケティングの業務を開始し、さらにAOL(Verizon/Oath)とMicrosoftの複合広告プラットフォームのグローバル・リテール・パートナーシップを主導しました。それ以前は、大手レコードレーベル、フェスティバル、権利所有者と協力しながら、ISP Tiscaliの音楽、ゲーム、テクノロジー、モバイルを先導し、ヨーロッパの音楽ダウンロード、ラジオにおける展望を監督していました。

広告代理店サイドでは、ベンチャー・キャピタルが支援するデジタル制作会社のTough Cookie、および独立系代理店のBig Briefsにて、ディレクターを務め、大手の国際的な放送局(BBC、ITV、C4、Sky、ABC)向けに、広告を収入源とするオリジナルのデジタル・コネクテッドTVコンテンツを制作し、またアドバイスを提供してきました。また、GoogleのU2のショー(現在においても)の記録的なグローバル・ライブ・ストリームのデジタル・プロデューサーでもあり、さらには英国政府、PlayStation、Samsungをはじめとするクライアント向けにデジタル成果物も開発してきました。

Guardian Media Groupのブランド・コンテンツ代理店であるSevenのデジタル・ディレクターとして、Daveはデジタル、動画、M&A戦略を主導し、Showtime TVでエミー賞にノミネートされたデジタル作品や、マクドナルドやセインズベリーなどのコンテンツ・キャンペーンなどを制作しました。

最近では、Channel 4向けのブランド・パートナーシップおよびコンテンツ戦略、Three Mobileのパートナーシップ、AIと音声技術の巨大企業であるNuance Communicationsのグローバル・マーケティング、Red BullおよびEEのデジタル・エンターテイメントなどで、コンサルティングも行いました。

オムニチャネルデジタルマーケティング、イノベーション、企業カルチャーの分野で講演者やパネリストを務めることも多く、Global Innovation ForumMIPCOM/MIPTVMobile World Congressなどのイベントにも多数出演しており、また、DADIアワードの審査員も務めています。さらに、Listen Outような、音楽とテクノロジーによる業界を超えた取り組みを通して精神の健康を保つための啓発活動や募金活動にも情熱を注いでいます。

多ジャンルの音楽愛好家でガジェットおたくを自称するDaveは、キングス・カレッジ・ロンドンにて英文学の学士号を最優等で取得し、また哲学および宗教学ではAKCを受賞しています。居住地はグレーター・ロンドンで、妻と4人の子供とともに暮らしています。