The Trade Deskのビジョン
広告の売買方式を変革する

Management




































































Board of Directors

Jeff Green

創業者、会長、
最高経営責任者(CEO)


Jeff Green (ジェフ・グリーン) は、データドリブンな意思決定で広告バイヤーをサポートするテクノロジーカンパニー、The Trade Desk Inc.の創設者であり、CEOでありThe Trade Desk Inc.の取締役会会長を務めます。The Trade Deskのプラットフォームを通じて、トップクラスの広告代理店やブランド企業による数千億にも及ぶインプレッションの購入が毎年行われています。

2016年にはIPO(NASDAQ: TTD)を成功させ、上場企業としての株価は初年度に231%上昇しました。従業員数は世界10カ国以上で約700人に及んでいます。業績としては、2012年以来、138%の年平均成長率(CAGR)を記録しています。

Greenは、効率的で透明性の高いテクノロジーを提供することで、デジタル広告の取引の未来において中心的かつ重要な役割を果たす第2世代のデマンドサイド・プラットフォームを提供する企業として、The Trade Deskを設立しました。Facebookのアドエクスチェンジ、Apple、Spotify、Comcast、CBSなどの初期のプログラマティック広告パートナーの1社であるThe Trade Deskは、Business InsiderCrain’s、Deloitte、ForbesFortuneGlassdoorなどから、急成長中の企業、そして働きやすい職場としても認められています。2015年1月には、Forbesの「米国で最も成長有望な企業トップ 10 (America's Most Promising Companies)」に選出されました。

Greenは,米国マーケティング協会からは成長著しい40歳未満のマーケティングリーダー4人のうちの1人に選出され、カリフォルニア州立大学チャネルアイランド校からは2017年のテクノロジー・リーダー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。また、Ernst & YoungはGreenと共同設立者のDave Picklesを、2017年の起業家オブ・ザ・イヤーに選びました。

デジタル・マーケティングおよび広告のエキスパートとして知られるGreenは、Bloomberg TV、Business Insider、CNBCFox BusinessNPRWall Street Journalなどの全国的メディアに頻繁に登場しています。2017年には、60 Munitesに出演し、フェイクニュースを回避する方法についてデータを用いて説明しました。

The Trade Deskを創業する以前は、彼は世界初のオンライン・アドエクスチェンジ企業としてAdECNを 2004年に創業。同社ではCOOとして戦略、製品、事業開発を主導しました。AdECNが2007年にMicrosoftに買収された後は、2年間にわたりMicrosoftのオンライン・サービス部門にて、Facebook、MSNBC、MSN、Fox Sportsの広告収益化など、リセーラーやチャネルパートナーのビジネス全般を監督しました。

Greenは、デジタル広告業界で主導的役割も果たしており、インタラクティブ広告協議会(IAB)にてネットワークおよびエクスチェンジの品質保証ガイドラインを担当する他、インベントリ獲得のための規定とベストプラクティスを制定するワーキング・グループも主導し、データ・トランザクションの基準も設定しています。

Greenは、米国および欧州の複数の広告およびテクノロジー企業にて役員を務めており、またニューヨークを拠点とするテクノロジー・プラットフォームであるAppNexusなど、複数の企業のアドバイザーも務めています。

GreenとThe Trade Deskは、Water.org、The Charity Defense Council、Thorn、Not Impossibleをはじめとする数百に及ぶ非営利団体のために活動しています。南カリフォルニアで始めた非営利学校では、2年間理事長を務めました。

居住地は、カリフォルニア州ベンチュラです。

×

Dave Pickles

創業者、最高技術責任者


Dave Pickles (デーブ・ピクルス)は、データドリブンのリアルタイム意思決定で広告バイヤーをサポートするテクノロジー企業、The Trade Deskの最高技術責任者として、エンジニアリング、製品革新、データサイエンスのすべてを統括しています。当社の優れたテクノロジーは、インターネット上で毎秒約900万の広告インプレッションと数千兆もの順列を評価し、マーケティング担当者に極めて規模の大きなオーディエンスと、消費者へのリーチを提供しています。The Trade Deskのプラットフォームでは、世界中のトップクラスの代理店やブランドによる広告購入の数が毎年数千億にも及んでいます。

リアルタイム入札技術の先駆者であるDaveとJeff Greenは、2009年にThe Trade Deskを設立しました。2016年にはIPO(NASDAQ: TTD)を成功させ、株価は上場初年度に231%上昇しました。従業員数は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の12カ国で800人以上に及び、Business InsiderCrain’s、Deloitte、 ForbesFortuneGlassdoorなどから、働きやすい環境を備える急成長企業として評価されています。2018年には、Glassdoorの働きがいのあるソフトウェア会社で2位選出されました。

プログラマティック広告技術のエキスパートとして知られるDaveは、Forbes、VentureBeat、eWeek SiliconANGLEなどのメディアで定期的に取り上げられており、Tractionなどの業界イベントでも講演を行っています。またDaveと共同創設者のGreenは、2017年にErnst & Youngより起業家オブ・ザ・イヤーに選ばれています。

Daveは、キャリアのすべてをリアルタイム・インターネット・デリバリー・システムの構築に注いできました。2007年には、Microsoftに買収されたアド・エクスチェンジ企業のAdECNに入社しています。ここでDaveのチームは、連合型のアドエクスチェンジを7カ月足らずで完全に構築し、リアルタイム入札と1日あたり300億のインプレッションのパフォーマンス・テストを可能にしました。Daveが構築したアーキテクチャは、現在でも変更することなく活用されています。

AdECNに入社する以前は、インターネット電話のスタートアップ企業であるCallWave、Inc.にてシニア・エンジニアとして、クライアント・セッション管理サービス、電話処理サービス、顧客登録サービス、すべての大手電話会社とのB2B統合、顧客への請求やCRMシステムのような複雑なデータベース・システムなど、システムのバックエンド・コンポーネント全般の構築に携わりました。

カリフォルニア大学サンタバーバラ校でコンピュータ・サイエンスの学士号(理学)を取得しています。現在は、妻と子供とともにカリフォルニア州ベンチュラに在住。

×

Brian Stempeck

最高戦略責任者


Brian StempeckはThe Trade Deskの最高戦略責任者として、当社と、代理店、広告主、戦略パートナーとの関係を統括しています。進化を続けるデジタル広告についてマーケティング担当者を教育し、そうしたマーケティング担当者がクライアントのオンライン・マーケティング戦略を開発できるよう支援することを中心に活動しています。また最近では、当社のコネクテッドTV(CTV)のイニシアチブを主導しました。さらに、テレビ視聴者のオーバーザトップ(OTT)デバイスへの急速な移行に対応し、TVネットワークおよび広告主を巻き込んで当社の製品活動を前進させています。2017年第4四半期の当社プラットフォームにおけるCTV関連の広告費は前年同期比で535%増加しました。

デジタル・マーケティングと広告のエキスパートとして知られるStempeckは、Adweek、Ad AgeBroadcasting & CableTechCrunchなどのメディアで定期的に掲載されています。また、Advertising Week、dmexco、Programmatic I/Oなど多くの業界のトップイベントでも講演を行っています。またAdweekより影響力のある若手の1人として認識され、「急上昇テックスター10人」に選出されています。

StempeckはAd Councilの理事であり、Advertiser Perceptionsの諮問委員会のメンバーでもあります。

Stempeckは、キャリアの大半をオンラインメディア業界で過ごしました。キャリアのスタートはワシントンのE & E Publishingでの政治ジャーナリストで、2006年にはE & Eのオンライン動画部門を立ち上げ、その後ノースカロライナ大学ケナン・フラグラー・ビジネス・スクールにてMBAを取得しました。

StempeckはUnileverにて「Dove」のブランドマネジメントを担当したほか、戦略コンサル会社のBain & Companyに入社。Bain & Companyでは、小売および製薬業界のフォーチュン 500 企業のデジタル・マーケティング戦略のコンサルティングを行うだけでなく、またBain & Companyのプライベート・エクイティ業務にも携わりました。

拠点はロサンゼルスで、妻と2人の子供とともに暮らしています。

×

Paul Ross

最高財務責任者


The Trade Desk での Paul Ross の役割は、カリフォルニア州、ベンチュラにある本社で財務会計部門を指揮することです。彼は 18 年以上の財務および会計の経験があり、PriceWaterhouseCoopers LLP に在職中の 1990 年代には、CPA (米国公認会計士)ライセンスを取得しました。以前は PowerOne として知られる、カマリロを拠点とする ABB 製品グループ Solar で財務業務の指揮的ポストに就いていました。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の学士号を保有し、南カリフォルニア大学では MBA を取得しました。

×

Vivian Yang

最高法務責任者


Vivian Yangはメディアおよびテクノロジーにおける20年の法務経験を活かし、The Trade Deskの最高法務責任者としての役割を果たしています。The Trade Deskに入社する以前は、3Dなどの視覚技術をグローバルに開発しライセンシングするNYSE上場企業、RealIDにて最高総務責任者兼ゼネラル・カウンシルを務めていました。それ以前は、IACが所有するデジタル広告ネットワーク企業のCityGrid MediaにてSVP兼ゼネラル・カウンシルを務めていました。またTime Warnerのグローバル・メディア・グループでは、商務、財務、管理担当のSVPを務め、eCompaniesとSony Picturesでも上級職として活躍していました。法務キャリアのスタートは、ジョージタウン大学で法務博士号を取得した後に勤務したLatham & Watkinsでした。それ以前はKPMGにて公認会計士を務めていました。

×

Susan Vobejda

最高マーケティング責任者


SusanはThe Trade DeskのCMOとして、ブランディング、プロダクト・マーケティング、クリエイティブ・デザイン、デジタル・メディア、コンテンツ開発、PRを含むあらゆる側面から当社のマーケティングを統括しています。戦略的マーケティングのリーダーシップにおいて輝かしい実績を持ち、メディア、テクノロジー、消費者の間にブランドを確立させることに情熱を注いています。

2018年にはForbesの世界で最も影響力のあるCMOに選出されたSusanは、マーケティングのデジタル・トランスフォーメーションの最前線に立つエキスパートとして認識されています。そのため、Wall Street JournalForbesReutersAdweekなどのメディアで定期的に取り上げられています。また、CES、Forbes CMO Summit、AdvertisingWeek NYなどの業界カンファレンスでも頻繁に講演を行っています。

The Trade Deskに入社する以前は、グローバル・ファッション・ブランドのTory BurchにてEVPおよび最高マーケティング責任者として、あらゆるブランド・コミュニケーションの、顧客中心かつオムニチャネルで、グローバルなデジタル・トランスフォーメーションを主導していました。

Tory Burchに入社する以前は、Bloombergにてメディア・ディストリビューション部門を創設し、そのGMを務め、同部門を収益性の高いグローバル・コンテンツ・ビジネスへと成長させました。さらに、Bloomberg.com、Yahoo!、Gap Inc.、Walmart.comでは、マーケティングのリーダーを務めていました。

Cision Ltd.(NYSE:CISN)の取締役でもあり、アーリーステージのベンチャーキャピタル企業であるRidge VenturesのCMO諮問委員会の委員でもあります。また、WOMEN in Americaのメンター、Women’s Forum of New Yorkのメンバー、Deloitte’s Next Generation CMO Academyのプレゼンターとして、次世代のビジネスリーダーの指導にも取り組んでいます。

Susanはカールトン・カレッジで経済学の学士号を、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得しました。余暇には旅行やスポーツ、特にゴルフを楽しんでいます。

×

Vina Leite

最高人事責任者


Vinaは、The Trade Deskの最高人事責任者として、人事戦略とオペレーションに関する全てをグローバル・レベルで統括しています。Vinaが率いるチームでは、当社の特別な文化を世界中で育み、成長させるため、従業員プログラムの開発および管理を担当しています。急成長のテクノロジー企業にて人事のリーダーシップを務めた豊富な経験を有するVinaは、従業員の育成やエンゲージメントに熱意を持って取り組んでいます。

The Trade Deskに入社する以前は、BlackBerryに最近買収されたAIドリブンのサイバーセキュリティ会社、Cylance Inc.の最高人材活用責任者を務めていました。Cylanceでは、同社を率いて急成長させ、2018年にはオレンジ郡で最も優れた職場の1つとして認識されるようになりました。それ以前は、QLogicにて最高人事責任者を、EMCでは人事部門のバイス・プレジデントを、Unicomでも最高人事責任者を務めるなど、テクノロジー分野の企業にて人事部門のリーダーシップを務めていました。

Vinaは、National Human Resources Association(NHRA)、米国人材マネジメント協会(SHRM)のメンバーです。

Vinaは、性的人身売買の被害者に「目的」を創出することで被害者の尊厳を守り、被害者のニーズや職業訓練に対応する国際的に認められた団体であるiSanctuaryで理事を務め、地域貢献活動を担っています。また、家庭内暴力被害者の支援団体であるHuman Optionsでも理事を務めています。

Vinaはミネアポリスのカペラ大学でHR・組織行動学を専攻し、組織マネジメントの修士号を取得しました。また、ロードアイランド大学では経営学の学士号(理学)を、ロジャーウィリアムズ大学ではプロフェッショナルHR認定およびHRマネジメントを取得しました。

南カリフォルニア在住で、夫と2人の子供とともに暮らしています。

×

Jonathan Carson

最高収益責任者


CarsonはThe Trade Deskの最高収益責任者として、当社のグローバル収益の拡大と、新規クライアントの獲得戦略およびオペレーションに取り組んでいます。またビジネス開発組織の世界展開により、当社の迅速な成長を実現させることも使命としています。Carsonはデジタルメディア業界にて20年以上の経験を有し、米国でも世界でも成長著しい環境のなかでエグゼクティブ・リーダーとしての役割を果たしてきました。

The Trade Deskに入社する以前は、ミュージックビデオとエンターテイメントのプレミアム・グローバル・プラットフォームであるVevoにて最高収益責任者を務め、同社のグローバル・セールスとマーケティングを統括していました。

それ以前は、Nielsen Companyにて6年にわたり同社のデジタル・トランスフォーメーションの推進を支援しました。またデジタル担当のCEOとして、70カ国以上に及ぶ同社のデジタルおよびモバイル戦略と運用の指揮を執りました。

熟練起業家のCarsonは、2007年にNielsenに売却されたソーシャルメディア・インテリジェンス会社BuzzMetricsの共同創業者でCEOも務めていました。BuzzMetricsでは、全米広告主協会(ANA)の一部である米国クチコミマーケティング協会(WOMMA)を共同で設立するなど、マーケターとともにソーシャルメディアの概念の確立に尽力しました。

Carsonは、Superdata(Nielsenが買収)およびSnapsにて会長を務めるなど、スタートアップ企業向けのアクティブ・アドバイザーや投資家としての顔も持ち、またミレニアル企業のMicの長年のアドバイザーでもあり、同社ではプレジデントとしても活躍しています。Carsonのアドバイザリーおよび投資ポートフォリオには、Zefr、Tubular、Flashstock(Shutterstockが買収)、Pro Football Focusなどのデジタル・メディア企業も含まれています。

デジタル・メディアのエキスパートとして知られるCarsonは、モバイル・ワールド・コングレス、カンヌライオンズ、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーなどの業界イベントで頻繁に講演を行っています。また、CNN、Wall Street Journal、New York Times、CBS、NPR、Wiredなどの全国的メディアにもよく登場しています。

Carsonは、ジョージタウン大学でビジネスの学士号(理学)を取得。

×

Sandeep Swadia

エグゼクティブ・バイス・プレジデント 兼
最高データ & トラスト責任者


The Trade Deskの最高データ & トラスト責任者として、Swadiaは、The Trade Deskのクライアントのために広告関連性を向上させると同時に、消費者体験を向上させ、ビジネスおよび生活者の信頼を向上させるデータ戦略を担当しています。

2027年までに合計1兆米ドルに到達するとされている広告市場の大部分をデータドリブンな広告が占める中で、高度なテクノロジーがいかにしてデータの品質、透明性、そしてプライバシーを改善できるかという点に注目が集まりつつあります。Swadiaは、クライアント、業界パートナーと協力し、信頼と成長を推進するべく、これらの課題が解決されるようサポートします。

Swadiaは、テクノロジーおよびメディア業界で20 年の経験を持ち、急成長中のいくつかの企業で経営幹部の役割を果たしています。最近では、サイバーセキュリティ企業White Opsの最高経営責任者を務め、デジタル広告のアドフラウドウド防止策の編成を陣頭指揮。

以前は、数社のテクノロジー企業やメディア企業で経営幹部の役職や、IQ Mediaの取締役会のメンバーを務めていました。

Swadiaは、MITスローンスクールオブマネジメントでMBAを、ノースウェスタン大学で数学の修士号を取得しています。彼は、The Trade Deskのニューヨークオフィスに拠点を置いています。

×

Keith Anderson

グローバル・タックス担当
バイス・プレジデント


Keith Andersonは、The Trade Desk(TTD)のグローバル・タックス部門のバイス・プレジデントとして、財務報告、計画、ポリシー、コンプライアンスを含む、税務の全分野を担当しています。経験年数は20年以上に及び、数多くのテクノロジー企業やインターネット企業で税務管理を担当してきました。勤務地はカリフォルニア州ベンチュラにある本社で、TTDの税務を管理しています。

キャリアのスタートはKPMGの連邦税グループで、この時に公認会計士免許を取得しました。また、カリフォルニア・ルーテル大学で会計学の学士号を、ゴールデンゲート大学で税の修士号を取得しています。

×

Chip Bell

トータル・リワード担当
バイス・プレジデント


Chip Bellは、The Trade Deskのトータル・リワード部門のバイス・プレジデントとして、世界全体を対象に当社の報酬および福利厚生プログラムの設計および導入を担当しています。

Chipは、The Dow Chemical Company、Amgen、Albemarleの3社でも同様の役割を担っています。また、多くのフォーチュン1000企業に対しても過去10年間にわたり報酬および福利厚生のコンサルタントを務めています。以前はWorldatWorkの取締役も務めていました。また、報酬および役員報酬に関する会議委員会のメンバーでもあります。

Chipは、ルイジアナ州立大学にて会計と金融を専攻しました。妻のDonnaとの間には4人の子供と1人の孫がおり、カリフォルニア州ウェストレイクビレッジに在住しています。

×

Sacha Berlik

ヨーロッパ担当
マネージング・ディレクター


Sacha BerlikはThe Trade Deskの常務取締役です。彼の役割は、欧州、中東、アフリカ(EMEA)のサービス領域において、顧客の発展と存続を監督することです。

最近では、彼はDataXuにおいて欧州事業のゼネラルマネージャーをしていました。それに先立ち彼はmexadを創立、2011年にDataXuに買収されるまで、世界中に6つのオフィスを構えるまでに成長させました。mexad社の前に、Berlikは欧州全域で初のアドネットワークであるWestern-European Operations of Oridian(現在はLycos)とActiveAgent(現在はgoldbachmedia)を共同設立しました。また、オンラインの世界で、ドイツ最大の民間テレビ局の一つであるSAT1の存在感を高めました。

彼はベルリン自由大学で経営学士を取得、論文「テレビとインターネット - 補足物は競争相手になるのか?」を発表しています。ドイツのケルンを拠点としています。

×

Mike Blacker

戦略的事業開発担当
バイス・プレジデント


Mike Blacker は $50 億市場である、リアルタイムビッディング(RTB)業界において世界的なデマンドサイドプラットフォームである The Trade Desk の戦略事業開発担当バイス・プレジデントです。彼は、様々な業界における新規の戦略的クライアントの発掘を行いながら、既存クライアントに対してもThe Trade Desk プラットフォームをさらに活用してもらうため幅広い活動をしています。

また、Infoseek、CBS SportsLine、Epylon/Accenture、ExpertCity/Citrix、AudienceScience、Feeva、Quova、Neustar など一連のスタートアップでの経験を持つアドテクのベテランです。1996 年にオンライン広告を初めて販売した一人で、デジタル広告、アドテク、アドプラットフォームなどの業界で様々な役割を果たすことでキャリア全体を形成してきました。

カリフォルニア大学サンタバーバラ校を卒業し、カリフォルニア州オーハイにて家族と暮らしています。

×

Yann Blat

フランス・ベルギー担当
ゼネラル・マネージャー


The Trade Deskのフランスおよびベルギー担当のゼネラル・マネージャーとして、Yann Blatはデジタル広告の最先端で、代理店、メディアチーム、およびアグリゲーターのポートフォリオを監督しています。

Yannは、オンライン広告業界のベテランです。これまでも常に、広告主、代理店、パブリッシャーとしてサービスを提供するテクノロジー企業に勤めてきました。

またこれまでに、DoubleClick、Google、Mediamind/ Sizmek、Facebook/ Atlasにて経験を積んできました。

The Trade Deskでは、デマンドサイドのプレーヤーと協力し、業界一きめ細かいオーディエンスベースの購入プラットフォームを構築しています。

×

Stacy Bohrer

RVP of Business Development


Stacy Bohrerは、プログラマティック業界のオムニチャンネル・プラットフォームであるThe Trade Deskの事業開発部門の地域担当バイス・プレジデントです。The Trade Deskの中西部における事業開発リーダーとして、Stacyはチームと共に、市場全体でクライアントと代理店との関係構築に尽力しています。

彼女は代理店と提携してそのビジネスモデルをプログラマティックに誘導し発展させることに情熱を注いでいます。彼女はTrade Deskの事業開発機能を2013年にシカゴで確立しました。迅速に会社のポートフォリオを構築し、Trade Deskを地域のプログラマティックバイヤーの最適なプラットフォームとして確立しました。

そして、キャリアにおいて、ディスプレイ、広告配信、ソーシャル、ラジオを含む広告のあらゆる側面で経験を積んできました。ケント州立大学で学士を取得。

×

Dave Castell

EMEA
インベントリ&パートナーシップ担当ゼネラル・マネージャー


Dave Castellは、EMEA地域のインベントリ・パートナーシップ部門のGMとして、この地域における、デジタル、モバイル、TV、オーディオなど複数のチャネルのパブリッシャー、ブロードキャスター、プラットフォームとの戦略的パートナーシップを統括しています。

もともとはミュージシャンでもあり、またジャーナリストやウェブデザイナーでもあったDaveは、20年近くにわたり、デジタル、モバイル、放送を集約する世界の最前線に立ち続け、世界有数のメディア、エンターテイメント、テクノロジー企業にて、ブランドコンテンツ、エンターテインメント、テクノロジー、広告イノベーションが交わる分野で活躍してきました。

Nokiaでは、MixRadioへの転換期におけるヨーロッパのエンターテイメント事業をリードしていました。その後のMicrosoftでは、グローバル・ブランド・パートナーシップ&マーケティングの業務を開始し、さらにAOL(Verizon/Oath)とMicrosoftの複合広告プラットフォームのグローバル・リテール・パートナーシップを主導しました。それ以前は、大手レコードレーベル、フェスティバル、権利所有者と協力しながら、ISP Tiscaliの音楽、ゲーム、テクノロジー、モバイルを先導し、ヨーロッパの音楽ダウンロード、ラジオにおける展望を監督していました。

広告代理店サイドでは、ベンチャー・キャピタルが支援するデジタル制作会社のTough Cookie、および独立系代理店のBig Briefsにて、ディレクターを務め、大手の国際的な放送局(BBC、ITV、C4、Sky、ABC)向けに、広告を収入源とするオリジナルのデジタル・コネクテッドTVコンテンツを制作し、またアドバイスを提供してきました。また、GoogleのU2のショー(現在においても)の記録的なグローバル・ライブ・ストリームのデジタル・プロデューサーでもあり、さらには英国政府、PlayStation、Samsungをはじめとするクライアント向けにデジタル成果物も開発してきました。

Guardian Media Groupのブランド・コンテンツ代理店であるSevenのデジタル・ディレクターとして、Daveはデジタル、動画、M&A戦略を主導し、Showtime TVでエミー賞にノミネートされたデジタル作品や、マクドナルドやセインズベリーなどのコンテンツ・キャンペーンなどを制作しました。

最近では、Channel 4向けのブランド・パートナーシップおよびコンテンツ戦略、Three Mobileのパートナーシップ、AIと音声技術の巨大企業であるNuance Communicationsのグローバル・マーケティング、Red BullおよびEEのデジタル・エンターテイメントなどで、コンサルティングも行いました。

オムニチャネルデジタルマーケティング、イノベーション、企業カルチャーの分野で講演者やパネリストを務めることも多く、Global Innovation ForumMIPCOM/MIPTVMobile World Congressなどのイベントにも多数出演しており、また、DADIアワードの審査員も務めています。さらに、Listen Outような、音楽とテクノロジーによる業界を超えた取り組みを通して精神の健康を保つための啓発活動や募金活動にも情熱を注いでいます。

多ジャンルの音楽愛好家でガジェットおたくを自称するDaveは、キングス・カレッジ・ロンドンにて英文学の学士号を最優等で取得し、また哲学および宗教学ではAKCを受賞しています。居住地はグレーター・ロンドンで、妻と4人の子供とともに暮らしています。

×

Calvin Chan

GM of China


The Trade Deskの中国担当ゼネラル・マネージャーとして、Calvinは、同社のブランディングと戦略のローカライゼーション、顧客関係、そして業界パートナーシップの構築に重点を置き、中国における事業を統括します。

Calvinは、マーケティングデータソリューションで15 年の経験があり、最近では中国の主要なデジタル測定およびデータソリューションプロバイダーであるAdMasterの最高経営責任者を務めています。 CEOとして、会社のP & L、業務パフォーマンス、組織開発、製品R & D、および戦略的パートナーシップを監督しました。 AdMasterの前は、Calvinは中国と米国のNielsenで管理職を務めていました。

Calvinは、中国において革新的かつ高く評価されているデジタル業界のエキスパートであり、I-COM、Advertising Week、ROI Festival、Global Mobile International Conferenceなどの主要な業界会議で定期的に講演し、Campaign Magazineのアジア太平洋地域における「 40 Under 40 」および中国の「デジタルAリスト」にも選出。

彼のデジタルマーケティングや広告業界での経験に加えて、Calvinは、北京大学、復旦大学、香港科技大学(HKUST)などの主要大学で特別講義を行っています。また、青年リーダーシップとグローバルインターンシッププログラムを促進する非営利組織である中国本土のAIESECの上級顧問(および元諮問委員会の委員長)を務めました。Calvinは、HKUSTでマーケティングの学士号と人文科学の修士号を取得しています。

読書、家族旅行、息子とのサッカーを楽しんでおり、マンチェスター・ユナイテッドのファンです。

×

Ed Chater

データパートナーシップ担当
バイス・プレジデント


Ed Chaterは、The Trade Deskでクロスデバイスやその他アイデンティティ・イニシアチブを主導しています。その使命は、プラットフォーム全体でクロスデバイス・テクノロジーの継続的な成長と導入を実現させることにあります。これには、クロスデバイステクノロジーの利点について市場を啓蒙することや、プロダクトおよびエンジニアリング・チームと密に連携してプロダクト・ロードマップに沿った目標の実現が含まれます。

The Trade Deskに入社する以前は、当社が2017年10月に買収したAdbrainの最高執行責任者でした。Edは、15年以上のデジタル経験を有しており、ベストプラクティスの先駆的開発や、検索、アフィリエイト、モバイル、およびマーケティング分析などの多国籍事業の構築を支援していました。なかでもSomoでは、世界でも先駆的なモバイル広告追跡プラットフォームを開発しました。また2013年にはMedia Weekの「アンダー30の30人」の1人にも選ばれました。

×

Ian Colley

コミュニケーション担当
バイス・プレジデント


Ian Colleyはコミュニケーション部門のバイス・プレジデントとして、The Trade Deskのグローバル・コミュニケーション全体を統括しています。

これまでに、IBMに 20 年以上勤務し、IBM Cloud、IBM Finance、IBM Global Services、IBM Europeなどさまざまな部門でのコミュニケーション業務を指揮。ニューヨークの2つの広報代理店、Edward Novotny & AssociatesとWeiser Walek Groupでキャリアをスタートし、Goldman Sachs、Barclays Bank、Nuveen、Club Med、COMEXなどのクライアントの広報業務担当をしていました。

Ianはロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを卒業し、現在はThe Trade Deskのニューヨークオフィスに勤務。

×

David Danziger

企業パートナーシップ担当
バイス・プレジデント


David Danziger は $50 億市場である、リアルタイムビッディング業界のグローバルなデマンドサイドプラットフォームである The Trade Desk の企業パートナーシップ担当バイス・プレジデントです。The Trade Desk における彼の役割は、企業の戦略的パートナーのデータ、ターゲティング、計測を牽引することです。改善されたフロントエンド・ターゲティングやバックエンド・アナリティクスを通して、The Trade Desk の顧客によるメディア購入の効率性を高める関係性を構築することに重点を置いています。

彼はアドテクやデータ業界のベテランで、以前は Merkle でデータソリューションのシニア・ディレクター、Acxiom ではデータ製品のディレクターを務めていました。

ミシガン大学とテキサス大学を卒業しています。

×

Mark Davenport

データ・サイエンス担当
ゼネラル・マネージャー


Markはデータ・サイエンス部門のゼネラル・マネージャーとして、The Trade Deskのグローバル・データ・サイエンス・チームを統括しています。このチームは、The Trade Deskのプラットフォームが生成する大量のデータを用いて製品を開発する役割を担っており、製品チームおよびエンジニアリング・チームと密に連携し、これらの製品のクライアント利用までを見届けています。

The Trade Deskでは初期メンバーであり、データ・サイエンス・チームをゼロから作り上げました。The Trade Deskに入社する以前は、NISA Investment Advisors, LLCにてアナリストとして、独自の財務モデリングツール、エンジニアリングツールの開発に携わっていました。

セントルイスのワシントン大学でシステム工学と経済学の学士号(理学)を、またシカゴ大学で統計学の修士号を取得しています。現在はニューヨーク市在住。

×

Mike Davis

イノベーション部門
バイス・プレジデント


イノベーション部門のバイス・プレジデントであるMike Davisは、製品設計の指揮をとっており、プログラマティック分野におけるThe Trade Deskの卓越したテクノロジーの牽引役です。ソフトウェアシステムの設計や開発の経験を 15 年以上持つ、ソフトウェア業界のベテランです。彼は自らスタートアップ企業を2社設立した経験があり、小規模な会社と大企業のどちらにおいてもキャリア経験があります。Sun Microsystems の接続ネットワークシステム部門にてアーキテクトおよびシニア開発者としてキャリアをスタートさせ、また Sun Java Center のコンサルティング業務ではアーキテクトとして経験を積みました。そして、スタートアップ企業である、総合的なバックアップソリューション、転送ソフトウェア、SAAS のビジネスユーザー向けのデータベースを提供する Centripetal Software を創設した後に The Trade Desk に加わりました。

Centripetal 以前は、Microsoft のシニア技術プログラムマネジャーを務め、.Net 言語、コンパイラ、エンタープライズ・モデリングツール、オンライン広告エクスチェンジの業務に携わっていました。Microsoft での最後の年は AdECN チームで、デマンドサイドプラットフォームの技術統合に取り組み、同様に Microsoft 内部のアド配信およびネットワークインフラストラクチャ業務を牽引していました。

×

Tahnil Davis

財務担当
シニア・バイス・プレジデント


TahnilはThe Trade Deskのシニア・バイス・プレジデントとして、カリフォルニア州ベンチュラにある本社にて財務全般を監督しています。キャリアのスタートはArthur Andersenの監査業務で、以来キャリア年数は18年以上に及んでいます。そうした経験のなかで、テクノロジー業界のさまざまな会計および財務業務に携わってきました。

カリフォルニア州立工科大学ポモナ校の学士号を保有しています。

×

Jed Dederick

事業開発担当
バイス・プレジデント


Jed Dederickは、The Trade Deskの事業開発部門のバイス・プレジデントで、北米におけるセールス活動を統括しています。また、グローバルセールスチームのリーダーとして、広告業界の有数のバイヤーとの関係の構築・拡大に努めています。

彼は WebMD および The Wall Street Journal にて、デジタルセールスおよびクライアントサービス業務の経験を持つオンライン広告のベテランです。

コネチカットカレッジの卒業生で、現在はニューヨークのブルックリンに住んでいます。

×

Brooks Dobbs

データ・プライバシー担当
ゼネラル・マネージャー


Brooks DobbsはThe Trade Deskのデータ・プライバシー部門のGMとして、プライバシーおよびデータ保護の業界リーダーを目指す当社の継続的な取り組みをサポートしています。

Brooksは、90年代半ばからデジタル広告業界に入り、90年代後半からはデータ・プライバシーに携わっています。自主規制機関や規格団体での豊富な経験を有し、業界をけん引する自主規制機関であるNetwork Advertising Initiativeの初代会長を務め、またDNTおよびP3Pに関するワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアムによる標準化にも協力しています。以前は、Young & RubicamグループおよびPhormでCPOを務めていました。

Brooksはラファイエット大学を卒業し、ジョージア州アルファレッタを拠点としています。

×

Evan Elbert

タレント・アクイジション担当
バイス・プレジデント


Evan Elbertは、The Trade Deskの人材獲得部門のバイス・プレジデントとして、エンジニアリング、セールス、パートナーシップ、クライアントサービスにおけるグローバル規模の人材獲得戦略の設計および導入をリードしています。

Evanは、人材獲得のグローバル・リーダーシップにおいて15年以上の経験を有しています。The Trade Deskに入社する以前は、ADPでグローバル人材獲得チームを統括し、P&Lを管理し、TotalSourceやResouceのクライアントをサポートしました。それ以前は、Apollo Education Groupにて同社の大規模な成長および拡大期に人材獲得チームの主要リーダーを務めていました。キャリアのスタートは成功報酬型の人材紹介分野で、会計や財務のエキスパートを成長著しいフォーチュン500企業などに紹介してきました。それ以前は、グローバルの大手4大ファームの会計監査役を務めていました。アイオワ大学では会計学を専攻し、同大学を卒業しました。

妻と3人の子供とともに、フェニックス在住。

×

Lukas Fassbender

ドイツ担当
ゼネラル・マネージャー


Lukas Fassbenderは、リアルタイム入札業界のグローバル・デマンドサイド・プラットフォームであるThe Trade DeskのDACH(ドイツ、オーストリア、スイス)地域の事業開発担当ディレクターとして、当社のグローバル戦略とビジョンを拡大させ、最先端のテクノロジーをヨーロッパ市場にもたらすために尽力しています。

彼は、急成長を遂げているThe Trade Desk ハンブルクオフィスを統括しており、中央および南ヨーロッパの顧客に対応しています。また、代理店が適切にプログラマティック戦略やツールセットを活用できるようサポート業務も行っています。The Trade Desk入社以前は、Adtech に 6 年間勤務していました。それ以前は Eyewonder および Mediamind で広告事業のリーダーを務め、DG では代理店セールスマネジャーとして働いていました。

ドイツ、ボンにある応用科学国際大学の卒業生です。

×

Dan Feldman

ゼネラル・マネージャー兼
EMEA
リード・カウンシル


Dan Feldmanは、The Trade DeskのEMEAのGM兼リード・カウンシルとして、海外営業、サプライヤー対応、および事業運営に関して会社に助言を提供しています。またCIPP / Europeの認定を取得しており、商業、ソフトウェア、IT、データ・プライバシーの法律に関する豊富な経験を有しています。The Trade Deskに入社する以前は、大手データベース・プラットフォーム・ソフトウェア会社であるCouchbase, Inc.にて、EMEAの法務ディレクターを務めていました。それ以前は、先駆的デジタル広告テクノロジー企業であるRocket Fuel, Inc.にて海外担当のシニア・ディレクターを務めていました。またそれ以前は、CitibankにてEMEAのシニア・バイス・プレジデントとして、商業法務、知的財産、運用、技術法グループのヘッドを務め、またAssociated NewspapersおよびSky Televisionでも上級職を務めていました。

Danは、ケンブリッジ大学で法学の修士号を取得後、Theodore Goddardにて法律家としてのキャリアをスタートさせました。ロンドン在住で、妻と子供がいます。

×

Anna Forbes

英国担当ゼネラル・マネージャー


Anna Forbesは、The Trade Deskの英国のゼネラル・マネージャーとして、英国における当社の全活動を統括し、パートナーシップのポートフォリオを拡大させるとともに、当社プラットフォームの最先端技術にて広告主のキャンペーン管理を支援できるよう尽力しています。

Annaは過去15年の間に、革新的な広告テクノロジー企業数社においてセールスチームをけん引し、豊富な経験を積みました。The Trade Deskに入社する以前は、モバイル広告分析会社Marchexで英国のマネージング・ディレクターとして、EMEA全体で営業、マーケティング、クライアント・エンゲージメントのプレゼンスを拡大しました。それ以前は、AppNexusにてEMEAのセールス・ディレクターを、またBrainient(現在のTeads Studio)にてCOOを務めていました。

AnnaはIABやDigital Advertising Women’s Networkでの業界イベントで定期的に登壇しています。また、マンチェスター工科大学にて国際経営学の理学士号(優等)を取得しています。

×

Ashutosh Gangwar

データパートナーシップ担当
ゼネラル・マネージャー


Ashutosh Gangwarは、The Trade Deskの新しいデータパートナーシップチームを率いて、データプロバイダーとグローバルな関係構築を担当。クライアントの価値とプラットフォームの長期的な競争力を最大化するパートナーシップの構築に特化。

The Trade Deskに入社する以前、AshutoshはNielsenの事業開発担当バイス・プレジデントとしてマーケティング効果のためにパートナーシップチームを率いていました。 Ashutoshは、デジタルメディア及び広告で15 年の経験を保有。これには、AOL、CBS、Nielsenなどのグローバルブランドが含まれます。

AshutoshはIIT Bombayで航空宇宙工学の学位を、そしてUCLA Anderson School of BusinessでMBAを取得。

×

Nate Gawel

データパートナーシップ担当
ゼネラル・マネージャー


Nate GawelはThe Trade Deskのデータ・パートナーシップ部門のGMとして、Salesforce、Oracle、Nielsenなど業界をリードするDMP企業とのパートナーシップの構築、ならびにMoat、IAS、DoubleVerifyといった数多くの検証・測定パートナーとの関係構築を統括しています。こうした戦略的パートナーシップを通じて、Nateは数多くの市場オーディエンスの構築やIDデータ検証・照合ソリューションを提案しています。

The Trade Deskに入社する以前は、13年以上にわたり、さまざまなフォーチュン100企業にてアドテクやデータのストラテジストとして活躍していました。デジタル広告プラットフォームのトレーダーおよびバイヤーとしても短期間仕事をしましたが、デジタル広告分野でのパフォーマンス・マーケティングに対する情熱と専門知識を活かすため、すぐに管理職へとシフトしました。

同時期にCentroにも6年間在籍し、有料検索プラットフォーム、有料ソーシャルプラットフォーム、有料プログラマティックプラットフォームの60人以上のバイヤーから成るチームを作り上げ、さらにオペレーション、パフォーマンス、メンタリングにも尽力。こうした経験とコンサルティングの専門知識を併せ持つNateは、当社とデータ・パートナーとの関係をリードするに最適な人材です。

×

Josh Golbert

事業開発担当
ゼネラル・マネージャー


Joshは 2016 年にThe Trade Deskに入社し、世界の大手広告会社や代理店を担当するイーストコースト事業開発チームを統括しています。The Trade Deskに入社する以前は、Yahoo!、Microsoft、AudienceScienceに勤務し、 14 年間にわたり米国、ヨーロッパ、アジアの3大陸にてデジタルメディア分野の経験を蓄積してきました。大企業が、業界をリードするマーケティング機能を構築できるようサポートすることに情熱を注いでおり、アジア8カ国でのプログラマティック広告のバイイングを手掛けるなど、大手多国籍企業のグローバル・プロジェクトを管理した経験も有しています。現在は、ニューヨーク市ブルックリンにて妻と娘とともに暮らし、ニューヨーク・オフィスを拠点にクライアントをサポートしています。

×

Shana Hale

ゼネラル・マネージャー兼
クリエイティブ・ディレクター


Shana Haleは、The Trade DeskのGM兼クリエイティブ・ディレクターとして、当社ブランドのグローバル展開を推進しています。デザイナー、プロジェクト・マネージャー、コピーライターから成る成長を続けるチームと協力し、当社のグローバル・キャンペーンの先頭に立っています。また、製品やブランド・マーケティング、イベント、販売、PeopleOps、人材獲得を含め、すべてのタッチポイントと部門横断型チームにてブランドのアイデンティティを統一できるよう尽力しています。

Shanaは、 2016 年のIPOの際のプロモーション活動をプロデュースし、2018年のNext Wave(刷新されたUI、強力なAIエンジン、画期的なプランニング・プロダクトのリリース)のために初めて 360 度グローバルマーケティングキャンペーンを実施しました。また、中国での新しいパートナーシップをプロモートする大規模キャンペーンもローンチさせました。

The Trade Deskに入社する以前は、テクノロジー、メディア、グローバル不動産などの分野において数多くのクリエイティブな役割を担っていました。直近では、北米有数のメディアおよびパブリッシング・ブランドであるBetter Homes and Gardensでクリエイティブ・ディレクターを務めていました。

Shanaは、ニューヨーク大学のティッシュ・スクール・オブ・アートにて写真と画像学で学士号(美術)を取得しました。夫と息子とともにブルックリンに在住しています。

×

Meredith Hall

学習&開発担当
ゼネラル・マネージャー


Meredith Hall は、オムニチャネルのデマンドサイドプラットフォーム、The Trade Deskの学習・開発を担当するゼネラルマネージャーです。彼女の役割は、カリキュラムの開発とThe Trade Desk独自のグローバル・トレーディングアカデミーの受講拡大をリードしています。このトレーディングアカデミーは、広告業界において役立つスキルを身に付け、知識を持ったメディアバイヤーを生み出すために設計されています。

デジタル広告業界における彼女のキャリアは2007年、IPGのInitiativeで始まりました。その後PK4 Media、Eyeblaster/MediaMind(現在はSizmek)の販売及び事業開発に移り、最近ではThe Trade Deskの販売担当重役を経験しました。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校を卒業し、カリフォルニア州ベニスビーチで彼女の夫と共に暮らしています。

×

Marcus Harper

ストラテジック・アカウント担当
バイス・プレジデント


マーカスは、2019年にストラテジックアカウント担当バイス・プレジデントとしてリーダーシップチームに加わりました。この役割では、サービスの拡充とより深い技術統合の提供を通じて、最も重要なクライアントの長期的な成功に貢献できるよう尽力します。

Prior to joining The Trade Desk, Marcus has enjoyed an impressive international career in marketing. Previously, he held a number of successful leadership positions in the marketing function at major global brands, including Renault / Nissan and Avis-Budget Group. He has also led revenue teams at top data and technology organizations, such as Yahoo and Quantcast.

Marcus is a board member of the American Advertising Federation, where he chairs the Corporate Council and serves on the council of judges for both the Hall of Fame and Hall of Achievement.

Marcusは家族と共にコネチカット州ウェストポートに在住。

×

Matt Harty

アジア太平洋担当
シニア・バイス・プレジデント


Matt Harty は、The Trade Desk のアジア太平洋担当のシニア・バイス・プレジデントです。彼は 1997 年からアジアにてオンライン広告事業を行っています。2000 年に CMGi に買収された、アジア初のパンアジア・アドネットワークである SpaceAsia Media の共同創設者です。

その後、Mail.com や HelloKitty など 400 ものウェブサイト向けにグローバルメディア販売を扱う、イールドマネジメント企業(SSP の先駆け)、Activ8 を OutBlaze の ジョイントベンチャー として共同設立しました。

そして、アジア太平洋地域および中東、北アフリカ向けの News CorpおよびFOX Networks のマネジメントに携わりました。FOX から、アジア太平洋地域において初となるエージェンシートレーディングデスク の GM として Omnicom の Accuen へ移りました。The Trade Desk に入社する前は、Experian Asia でオーディエンスソリューションを展開していました。

彼はシンガポールに拠点を置いています。

×

Izzy Hedges

クライアント・サービス担当ゼネラル・マネージャー


Izzyは、The Trade Deskのサンフランシスコおよび山岳部地域のクライアント・サービス部門のGMとして、サンフランシスコ、ベンチュラ(カリフォルニア)、およびボルダー(コロラド)の取引およびアカウント管理チームを統括しています。クライアント・サービス・チームは、クライアントとの関係を守り、管理する役割を担っており、The Trade Deskを最大限に活用してビジネスニーズを充足するための知識とノウハウをクライアントが獲得できるようにすることを使命としています。そのためIzzyは、クライアントと代理店との最良のパートナーシップを実現するための戦略的ビジョンとガイダンスをチームに共有しています。

The Trade Deskに入社する以前は、メディア代理店の世界で上級職を務めており、ロンドンのOMDに勤務する他、直近ではロサンゼルスにてVizeum Globalのオフィスを運営していました。Izzyの経験はあらゆる業種、市場、メディア・タイプにわたり、ディズニーやソニー、20世紀フォックスなどのグローバル・エンターテイメント・ブランドでの経験も有しています。

Izzyはニューヨークで生まれ、英国アクセントで話し、ニュージーランドを母国とします。現在はベイエリアで新生活を楽しんでいます。

×

Alan Hiscocks

グローバル不動産・施設担当
ゼネラル・マネージャー


Alan Hiscocksは、The Trade Deskのグローバル不動産 & 施設部門のゼネラル・マネージャーとして、さまざまなオフィスを管理するチームを通じて日々の効率性を確保しつつ、ビジネスの成長をサポートする不動産戦略を開発し、導入しています。

当社が急速に成長するなか、Alanは、従業員への取り組みに包括的アプローチを採用することで、当社のブランドと文化を保護するために尽力しています。

Alanは経営陣とも直接連携し、当社のビジョンをサポートし、ビジネス目標を達成するチームの構築や管理を行っています。また、Procore Technologies、TrueCar、Conversantなどの企業で培った、20年以上の経験をその仕事に活かしています。

×

Pat Isom

クライアント開発担当
バイス・プレジデント


Pat Isomは、The Trade Deskのクライアント開発部門のバイスプレジデントとして、大手広告持株会社との戦略的パートナーシップおよび経営陣との関係構築を統括しています。

Patは、大手広告持株会社との提携や、さまざまなフォーチュン500企業のクライアントをリードし、25年以上に及ぶ経験を有しています。2019年にThe Trade Deskに入社する以前は、LinkedInの他、Razorfish、Leo Burnett、Giant Step、Agency.com、Wells Rich Greene BDDPなどの大手デジタル・広告代理店に勤務していました。また、自動車、CPG、家電、金融サービス、通信など複数の業界にて、B2CおよびB2Bのマーケティングに深く携わってきました。デジタルおよび統合マーケティングの分野でPatが担当するクライアントには、General Motors、Ford、Toyota、Nestlé Purina、Philip Morris International、Motorola、BlackBerry、Sprint、CVS/Caremark、Energizerなどがあります。

Patは、ミシガン大学で応用経済学の修士号を、ヒルズデール大学で数学の学士号(理学)を取得。シカゴオフィス拠点。

×

Tom Kelly

RVP of Business Development


Tom Kellyは、The Trade Deskの米国西部の事業開発地域担当バイス・プレジデントとして、新規事業開発の他、既存顧客に可能な限り最高のサービスを提供することに注力しています。

2006年以降、TomはキャリアにおいてDSPのセールスに従事。The Trade Deskに入社する以前は、AOL Platformsにて米国西部のセールス部門のバイス・プレジデントを務め、Oathでは米国のセールス部門のバイス・プレジデントを務めていました。

×

James Kiernan

クライアント開発担当
バイス・プレジデント


James Kiernanは、20年以上のメディア業界で経歴を持つベテランです。Jamesはキャリアの前半をOgilvy、FCB、MediaVest、Zenithなどのグローバルな広告代理店に勤務。

その後、セールスに移り、ESPN、Twitterで指導的地位に就き、The Trade Deskに入社する以前はFox Networksでデジタルセールスを担当していました。

Jamesはウォール・ストリート・ジャーナル、Adage、およびDigidayなどでよく引用されており、Business InsiderおよびMediaPostの寄稿者でもあります。

James is a graduate of the University of Delaware and earned his MBA at Pace University in NYC. He resides in Montclair, NJ, with his wife Alex and their two children.

×

Julie Kleeman

バイス・プレジデント兼
アシスタント・ゼネラル・
カウンシル


Julie Kleemanは、The Trade Deskのバイス・プレジデント兼アシスタントゼネラルカウンシルです。ゼネラリストとして、セールス、インベントリ、データ交渉、グローバル展開、マーケティング取引、人事など様々な法的課題に対して助言を行います。The Trade Deskに入社以前は、デジタル広告会社のUndertoneにてシニア・カウンシルとして、Perion Network Ltd.への同社の売却にも深く関与していました。

Julieは、マイアミ大学のロースクールで法務博士号を、フランクリン&マーシャル大学で学士号(文学)を取得しています。ニューヨークオフィスを拠点としています。

×

Todd Krugman

マーケティング担当シニア・バイス・プレジデント


Todd Krugmanはマーケティング部門のシニア・バイス・プレジデントとして、The Trade Deskのブランド、クリエイティブ、コンテンツのチームを統括しています。それ以前は、WPPグループのOgilvyにてIBMビジネスのグローバル・チーム・リーダーとして、ブランド、広告、メディア、パフォーマンス・マーケティングなどのエンゲージメントのあらゆる側面を統括していました。

Toddは、ニューヨーク、東京、香港、シドニー、シンガポールでの広告代理店勤務および社内マーケティング・リーダーシップとしての22年以上に及ぶ経験を通じて、グローバル・マーケティングの専門性を蓄積してきました。こうした経験のなかでは、テクノロジー、不動産、パッケージ商品、金融サービス、輸送など、幅広い分野の有名企業とも仕事をしてきました。またその創造性と有効性が認めれ、これまでにも数多くの賞を受章しています。

ニューヨーク市に在住し、妻と2人の子供と愛するフレンチブルドッグとともに暮らしています。

×

Lorenzo Moreno

GM of Business Development - Southwest Region


Lorenzo Morenoは南西地域における事業開発担当ゼネラル・マネージャーとして、The Trade Deskのロサンゼルスと南西地域における事業活動や販売活動の開発と管理を監督しています。

Lorenzoは、アドネットワークのTremor Video、動画パブリッシャーのVeoh.com、アドベリフィケーション会社のDoubleVerifyで経験を積み、デジタルメディアのほぼ様々な側面について営業サイドに従事してきました。特にDoubleVerifyでは、3大広告会社にアドベリフィケーション技術の早期採用を推進した人物の1人となりました。デジタルメディア業界に入る前は、金融系のパブリッシャーであるTradingmarkets.comにて、セールス部門のリーダーとして10 名から成る販売グループを管理し、現場におけるすべての営業活動を指揮しました。

ハーバード大卒であり、カリフォルニア州ロサンゼルス在住。

×

Ben Mottau

トレーディング担当
ゼネラル・マネージャー


Ben Mottauは、The Trade Deskのトレーディング部門のGMとして、米国西部、東南アジア、およびオーストラリアにおいて、当社およびパートナーのトレーディング力の拡大を担当しています。また、これらの地域のスキルの高いクライアントと密に連携し、プログラマティック広告の成功事例の構築に努めています。

The Trade Desk初の従業員であるBenは、オペレーション担当のディレクターとして当社のプラットフォーム開発に尽力しました。それ以前は、世界初のデジタル広告エクスチェンジの1つであるAdECNにて、DSPの統合や事業開発の指揮を執っていました。

Benはハーバード大学で経済学の学士号を取得。現在はサンフランシスコで妻と暮らしています。

×

Natalia Papiol

スペイン担当
ゼネラル・マネージャー


Natalia PapiolはスペインのThe Trade Deskのゼネラル・マネージャーとして、この市場でのクライアントの開発と存続率の維持を統括。

The Trade Deskに入社する以前は、Mediacomのデジタル部門のトップでした。現在は、15年以上に及ぶデジタル・マーケティングの経験を仕事に活かしています。

それ以前は、スペインでXaxis(GroupMの一部門)の開発を担当し、事業を立ち上げ、サービス提供を担当するチームを監督していました。また、NataliaはHi-media、Antevenio、Santander Bank Groupなどのローカルおよび国際的ネットワークやパブリッシャーで、さまざまなデジタル職位を歴任してきました。

Nataliaは経営管理の学士号とセールス・マーケティングの修士号を取得しています。

Nataliaはこれらのさまざまな経験から、優れた適応能力とコミュニケーションスキルを身に着け、また急速に変化する環境に迅速かつ効率的に対応するスキルも獲得しました。

Nataliaはブランド戦略に力を入れており、あらゆるデバイス上のオーディエンスを引き付けるための斬新な戦略を常に模索しています。

拠点は、スペインのマドリッド。

×

Ritesh Patel

ゼネラル・マネージャー兼
アソシエイト・ゼネラル・
カウンシル


Ritesh Patelは、十数年にわたり上場および非上場のテクノロジー企業に助言を提供してきた経験をThe Trade Deskにおける仕事に生かしています。The Trade Deskに入社する以前は、上場企業のIxia(試験および測定の企業)およびWestern Digital Corporation(デジタル・ストレージとソリューションの企業)にてアシスタント・ゼネラル・カウンシルを務めていました。企業に勤める前は、東海岸と西海岸の法律事務所で、M&A、ストラクチャード・ファイナンス、ベンチャーキャピタルの取引を担当していました。

Patelは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で法務博士号と学士号を取得しています。また会計士に復帰する予定でもあり、PricewaterhouseCoopersに勤務しながら公認会計士(inactive)の資格習得を目指しています。拠点はThe Trade Deskのベンチュラのオフィスです。

×

James Patterson

グローバル・オペレーション担当
バイス・プレジデント


James PattersonはThe Trade Deskのグローバル・オペレーション部門のバイス・プレジデントとして、主要なグローバル・オペレーションの戦略および実行を管理するとともに、そうした活動が当社のビジネス目標に沿うよう尽力しています。

このグローバルな役割に就く前は、英国のGMとして、デジタル広告の最先端にある代理店、メディアチーム、アグリゲーターから成るポートフォリオを統括し、変化の激しい英国市場にて当社のプレゼンスを大きく向上させました。以前は、Kenshoo、Havas、Mediacomなどでチームを率いており、デジタル業界での12年以上の経験を現在の仕事である広告テクノロジーとエージェンシー・サイドの両方で活かしています。

The Trade Deskでは、社内および業界のリーダーとの関係を通じて、世界各国の成長の促進とパートナーシップの強化に努めています。

×

Samantha Pearlson

東南アジア・クライアント・サービス担当ゼネラル・マネジャー


Samanthaは、東南アジア地域のクライアント・サービス部門のゼネラルマネージャーとして、2019年にThe Trade Deskに入社しました。現在はシンガポールのオフィスにて、アカウント管理および取引機能などにおいて、東南アジアのクライアント・サービス・チームを率いています。

2005年からキャリアをスタートし、独立系の検索マーケティング代理店に勤めるためにケープタウンからロンドンに移住しました。その後、MEC(現在のWavemaker)およびOMD UKへの転職でキャリア・アップを図り、2011年初頭にはOmnicomからシンガポールへ赴任し、初めてアジア太平洋地域を担当しました。

2015年には、シンガポールの[メール保護]に入社し、アジア太平洋圏のIBM向けデジタル・エージェンシー・チームを率いました。2017年には、方向転換をしてデータ・ストーリーテリング・プラットフォームのNugitに、カスタマーサクセス・オペレーション部門のバイス・プレジデントとして入社しました。


シンガポール在住。夫、2人の子供、愛する救助犬のドミノと暮らしています。

×

Gruia Pitigoi-Aron

製品部門担当
バイス・プレジデント


Gruia Pitigoi-Aronは、The Trade Deskの製品部門のバイス・プレジデントとして、当社の製品管理、ユーザー・エクスペリエンス、エンタープライズ・ソリューションのすべてを担当するチームを統括しています。社内のビジネス・チーム、エンジニアリング、クライアント、パートナーと密に連携することを共通のテーマとし、適切な製品を適切なタイミングにてグローバル・スケールで届け、グローバル規模のインパクトを創出することを目指しています。

The Trade Deskに入社する以前は、Microsoftにて10年間勤務し、さまざまな規模のプロダクト・マネージャーを務め、またOutlook.com/Hotmail、Windows Live Agents、BizTalk Serverも担当しました。なかでもシステムのコアパートには常に注目し、Hotmailの拡大を続けるストレージ・インフラの拡張と管理には最も多くの時間を費やしました。

Gruiaはカリフォルニア大学ロサンゼルス校でコンピューター・サイエンスの修士号を、カリフォルニア大学バークレー校でコンピューター・サイエンスの学士号を取得しました。現在は、カリフォルニア州サンノゼのオフィスを拠点としています。

×

Akhil Savani

インベントリパートナーシップ担当ゼネラル・マネージャー


Akhil Savaniは、The Trade Deskのインベントリパートナーシップ担当ゼネラルマネージャーです。The Trade Deskのサプライサイドプラットフォームとのグローバルパートナーシップの監督を担当しています。

Akhilは、デジタルメディアで15年の経験を積んでいます。 The Trade Deskに入社する以前は、NBC Universal、DivX、Redbox、Technicolorでビジネス開発および企業開発に従事。

Akhilは、カリフォルニア大学バークレー校で経営管理と政治学の学士号を取得し、ノースウェスタン大学のケロッグ経営大学院でMBAを取得。彼は家族と共にロサンゼルスに在住。

×

Laura Schenkein

財務計画分析担当
シニア・バイス・プレジデント


Laura Schenkeinは、The Trade Deskの財務計画&分析部門のシニア・バイス・プレジデントとして、企業開発、FP&A、セールス・オペレーションを担当するチームを監督しています。これらのチームは、経営陣、グローバル・リーダー、外部の協力者と連携して、意思決定サポートを後押し、戦略的分析を実施し、金融取引を構築しています。

The Trade Deskに入社する以前は、ニューヨークのBarclays Capitalにて投資銀行業務を担当し、また数多くの高成長テクノロジー企業でアドバイザリー業務を行い、さらにロンドンおよびワシントンDCではThe Corporate Executive Boardの経営コンサルタントをつとめました。

Lauraは、ペンシルベニア大学のウォートンスクールで財務と経営のMBAを、タフツ大学で国際関係の学士号を取得しました。拠点はニューヨークオフィスです。

×

Alex Schneider

クライアント戦略担当
バイス・プレジデント


Alex Schneider は 2010 年に設立メンバーとして The Trade Desk に加わりました。現在は同社で、主に西海岸におけるクライアントサービスの指揮を執っています。

特に主要な顧客と結びつきを持ち、顧客に対して弊社テクノロジーや絶えず変化するアドテクのエコシステムを熱心に教育しています。

The Trade Desk 入社前は、ハイテクスタートアップ企業のための支援施設である Ventura Ventures Technology Center を創設しました。シラキュース大学の卒業生で、現在はカリフォルニア州のロサンゼルスおよびベンチュラで働いています。

×

Amber Joi Seipel

ストラテジック・アカウント担当
バイス・プレジデント


Amber Joi Seipelは、オムニチャンネル・デマンドサイドのグローバル・プラットフォームであるThe Trade Deskのストラテジック・アカウント担当バイス・プレジデントです。販売組織のリーダーとして、Amberは当社の最も重要なクライアント・パートナーシップの開発と拡大を北米全体で推進しています。The Trade Deskへの入社は2013年で、今では当社最大のグローバル持株会社パートナーシップの1つとなったパートナーシップの成長をけん引していました。

Amberは、代理店およびマーケティング担当者による、デジタル戦略の進化と、クラス最高のテクノロジーによる優れたカスタマー・エクスペリエンスとビジネス成果の創出の支援に情熱を注いでいます。

Amberはデジタル広告のベテランであり、Avenue Aにてエージェンシー・サイドでキャリアをスタートさせ、Razorfish(現在のRazorfish.Sapient)およびDigitas Health(現在のPublicis Health Media)を経て、WebMDにてセールスを担当しました。

Amberはドレクセル大学でビジネスとマーケティングの学士号を取得し、現在はニューヨーク市のブルックリンを拠点としています。

×

Henry Shelley

東南アジア担当
ゼネラル・マネジャー


Henryは、東南アジアのゼネラル・マネージャーとして 2018 年にThe Trade Deskに入社しました。現職では、当社の同地域における成長戦略を牽引し、主要なクライアントやパートナーとの関係強化を指揮。また、The Trade Deskのユニークな企業文化および企業価値を事業全体で推進しています。

キャリアのスタートは2006年で、デジタル・エージェンシーのLatitudeで勤務しました。その後2009年に、Mitchells Communication Groupの検索エンジンマーケティング部門であるシドニーのColumbus Searchに入社しました。

Aegis(後の電通イージス・ネットワーク)によるMitchellsの買収後、Henryは2012年にAmnet ANZのマネージング・ディレクターに就任し、シドニー、メルボルン、ブリスベン、パース、オークランドにおける事業を拡大し、60人の従業員を抱えるまでに成長させました。2016年にはプロダクト・イノベーション部門のグローバル担当バイス・プレジデントとなり、Amnet製品におけるテレビとOOHの両方での目標達成を推進する役割を担いました。

×

新谷 哲也

コマーシャル・ディレクター兼
日本カントリー・マネージャー


新谷 哲也は $50 億市場である、リアルタイムビッディング業界のグローバルなデマンドサイドプラットフォームである The Trade Desk のコマーシャル・ディレクターおよび日本オフィスのカントリー・マネージャーです。同社の日本市場への参入を牽引し、主要代理店や日本のトップ 6 に入るグローバルなトレーディングデスクと協力して働いています。

また、彼は日本におけるアドテク業界のベテランの 1 人で、マーケティング、事業開発、そしてプログラマティックやサーチエンジンマーケティングといった豊富な広告技術に関する経験を持っています。

The Trade Desk に入社する前は、電通のデジタル事業部門でシニア・マネジャーを務めていました。

×

Jason Shue

グローバル・トレーディング担当バイス・プレジデント


Jason Shueは、オンライン広告にて世界最先端のバイヤーのデスクを支えるデマンドサイド・プラットフォームである、The Trade Deskのグローバル・トレーディング部門のバイス・プレジデントです。このチームのオリジナルメンバーであるShueは、当社の技術的要素の設計および構築にて極めて重要な役割を果たしています。

現在は、トレーディングのパフォーマンスおよびメディアバイイングのベストプラクティスを最大限活用できるように、顧客に対しコンサルタント業務を行っているグローバルトレーディングチームを牽引しています。The Trade Desk に入る前は、2007 年に Microsoft に買収された、世界で最初のオンライン広告エクスチェンジ会社、AdECN にて広告パフォーマンス&オペレーションディレクターを務めていました。

カリフォルニアルーテラン大学のマーケティングの理学士号を保有しています。

×

Tim Sims

インベントリ・パートナーシップ担当
シニア・バイス・プレジデント


Tim Simsは、グローバル広告テクノロジー企業であるThe Trade Deskのインベントリ・パートナーシップ部門のシニア・バイス・プレジデントです。Timは、動画、オーディオ、モバイル、ネイティブ、ディスプレイなどさまざまなチャネルの世界中のパートナーと、最先端のサプライサイドとの接続し、当社の戦略とその戦略の実施において寄与しています。またコネクテッドTV(CTV)の拡大を主導し、The Trade DeskのプラットフォームでのコネクテッドTVの広告費を、 2016 の第 4 四半期から 2017 年の第 4 四半期の1年で 535 %成長させることに成功しました。さらに、特にアジア太平洋市場に注力し、当社の継続的なグローバル展開でも重要な役割を果たしております。

更に、プログラマティック・チャンネルを通して広告主がパブリッシャーと取引を行い、プレミアム・インベントリを購入できる、業界に大きな影響を与えるThe Trade Deskのパブリッシャー・マネジメント・プラットフォームを主導しています。

Thought Leadershipとして高く評価されているTimは、Adweek、ZDNet、VentureBeat MediaPostなどさまざまな出版物で引用され、パブリッシュされています。またカンヌライオンズ、DMEXCO、AdvertisingWeek、IAB Programmatic Symposium、Modern Marketing Summitなどのカンファレンスや、多くのパートナー・リーダーシップ・イベントで講演しています。

広告テクノロジーのベテランであるTimは、これまでにOpenXで事業開発のディレクターを、またSpot Runnerではメディア部門のディレクターを務めていました。

ヴァンダービルト大学の卒業生で、現在はニューヨークに生活拠点を置いています。

×

Zak Stengel

エンジニアリング担当シニア・バイス・プレジデント


エンジニアリング担当シニア・バイス・プレジデントとして、ザック・ステンゲル氏は、デジタル広告用の業界で最も優れた表現力を持ち高度にスケーリングされたデマンドサイドプラットフォーム(DSP)を構築する、The Trade Deskグローバル開発チームを主導しています。

彼はアドテク業界での長いリーダーシップ経験を持っています。The Trade Desk に入る前は、Microsoft Advertising Exchange(旧 AdECN)では開発チームを、Microsoft Contextual Advertising ではデリバリエンジンチームを牽引し、リアルタイムビッディング(RTB)の先駆け技術をサポートし、ウェブやモバイルディスプレイへの Bing の広告需要のスケーリングを行っていました。

カリフォルニア大学サンタバーバラ校でコンピューターサイエンスの修士号を取得しました。

×

Chris Toth

インベスター・リレーションズ
担当バイス・プレジデント


Chrisは現在、インベスター・リレーションズ部門のバイスプレジデントです。

Chrisは、インベスター・リレーションズ、財務計画および分析、M&A、ビジネスバリュエーション、企業開発など、財務管理の広範な分野でリーダーシップを発揮しています。The Trade Deskに入社する前は、MKS Instrumentsに買収される前のNewport Corporationで、インベスター・リレーションズ部門のトップを務めていました。それ以前は、Infineon Technologiesが買収する前のInternational Rectifierの財務部門に所属してインベスター・リレーションズ部門のトップを務め、財務と企業開発を兼任していました。

バックカントリー・ハイキングをこよなく愛するChrisは、スタートアップのSaaS企業であるPush It Inc.のディレクターを務め、さらには連邦政府と地方政府の間にパートナーシップを形成して自立的な継続が可能で環境に優しいアドベンチャー観光産業を構築することにより、パプアニューギニアの東ニューブリテン州の観光プロジェクトを推進する、オーストラリアの非営利・非政府組織のディレクターも務めています。

Chrisは、カリフォルニア大学アーバイン校で工学の学士号を取得しています。居住地は南カリフォルニアで、妻と2人の子供とともに暮らしています。

×

David Wainberg

チーフ・プライバシー・
カウンシル


DavidはThe Trade Deskのチーフ・プライバシー・カウンシルとして、世界全体を対象に当社のコンプライアンスとプライバシー問題への対応の指揮を執っています。

Davidは、消費者プライバシーとデータ保護に関する技術製品のカウンセリングでの豊富な経験を有しており、健全なリスク管理と、デザイン原則に基づいたプライバシーにフォーカスしています。The Trade Deskに入社する以前は、Appleにて、Apple Music、Apple Pay、Siriなどのソフトウェア製品のプライバシー面について助言していました。それ以前は、AppNexusのプライバシー部門のトップを務めていました。また現在はNetwork Advertising Initiativeの理事も務めており、業界イベントでも定期的に講演を行っています。

Davidは、メイン大学ロースクールで法務博士号を、同大学で理学士号を取得しています。

×

Emily Wang

アジア太平洋マーケティング&
コミュニケーション担当
ゼネラル・マネジャー


Emily Wangは、The Trade Deskのアジア太平洋地域を対象とするマーケティング&コミュニケーション部門のGMとして、北アジア、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドにおいてマーケティングキャンペーンやコミュニケーション、コンテンツ、イベント、パートナーシップを通じてブランドの認知度・需要を高める活動を統括しています。

デジタル・メディアにおけるキャリアのスタートは、AOL.comのローンチ・チームでした。その後、Time Warnerの当時の雑誌部門であるTime Inc.にて重要なイニシアチブを主導し、数々の企業のデジタル・オーディエンスと消費者収益の拡大に尽力しました。また、小売/電子商取引から消費者テクノロジーや教育/非営利団体に至るまで、さまざまな業界で上級マーケティング担当者を歴任してきました。

Emilyはスタンフォード大学にて人間生物学の学位を、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にてMBAを取得しています。

×

Mitch Waters

東南アジア、オーストラリア、
ニュージーラン担当
シニア・バイス・プレジデント


Mitchは、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドのシニア・バイス・プレジデントとして、シンガポールを拠点にこの地域における当社の戦略、オペレーション、人事管理のあらゆる側面を管理しています。メディアおよび広告業界にてセールスや戦略、イノベーションの包括的な経験を有するMitchは、その経験を現在の仕事に活かしています。

特にオーストラリアでは、プログラマティック広告と業界変革の推進者として活動しており、AdNewsやThe Drumなどのメディアでもレギュラー・コメンテーターを務めています。

以前は、オーストラリアとニュージーランドにて陣頭指揮を執っていました。収益と市場シェアの大幅な拡大を実現し、その後シニア・バイス・プレジデントに昇進しました。また、APIを用いて広告代理店との共同イノベーションを推進するというThe Trade Deskの取り組みにおいても最前線に立っていました。

The Trade Deskに入社する以前は、オーストラリアにてAOL Internationalを率い、現地マーケットにて同グループのプラットフォームを立ち上げました。またオーストラリアのNews Corpでは、さまざまなデジタル部門にて上級セールス担当者として活躍しました。

The Trade Deskでの仕事に加え、MitchはIAB Australia Video CouncilやIAB Australia Executive Technology Councilなど、数多くの有名な業界団体にも参加。また、次世代のメディア・エグゼクティブを指導するボランティア活動も行っています。

Mitchはマッコーリー大学にて商業および経済学で学士号を取得しています。

×

Drew West

グローバル・サービス担当
ゼネラル・マネージャー


Drew Westは、グローバル・サービス部門のゼネラル・マネージャーとして、The Trade Deskのグローバル・サポート、ビジネス・インテリジェンス、およびデータ・キャプチャを監督しています。

2014年の入社以来、Drewは当社のグローバル・サポートとビジネス・インテリジェンスのデリバリー機能を構築し、ニューヨーク、ロンドン、シドニーのオフィスとカリフォルニア州ベンチュラの本社による24時間の対応体制を整えました。直近では、データ・キャプチャ・チームを率いて、クライアントの成功に寄与する高品質で実用的なデータの提供における当社の能力を拡大させました。

居住地はカリフォルニア州オーハイで、教育、シェルター、住宅、食物と栄養、困窮している高齢者や子供のためのプログラムなど、コミュニティ・サービスの取組を積極的にサポートしています。

×

Greg Win

財務担当バイス・プレジデント


Gregは財務部門のバイス・プレジデントとして、米国外のすべての事業体の会計および財務機能を統括しています。国際的な会計および財務分野での経験は20年以上に及び、それらの役割を社員として、またコンサルタントとして担当してきました。

Gregはワイカト大学で経営学の学士号を取得しており、また公認会計士協会(FCCA)のフェローでもあります。

拠点はロンドンオフィス。

×

Troy Yang

北アジア担当
シニア・バイス・プレジデント


Troy Yang (トロイ・ヤン)は、北アジア担当シニア・バイス・プレジデントとして、中国、香港、日本、韓国の事業を統括。

過去15年以上にわたりTroyは、さまざまな業界や市場のブランド、広告主、代理店と直接連携し、経営コンサルティングおよびマーケティング分析の豊富な経験を有します。Fortune500主要ブランドの新製品発表および市場参入、価格戦略の策定を支援し、メディアミックスモデルを採用してROIを改善させることで、マーケティング予算の最適化に尽力しました。

The Trade Deskに入社する以前は、NielsenとAnalytic Partnersにて上級指導者としてさまざまな役割を果たし、アジア太平洋地域にて複数の事業を立ち上げました。キャリアのスタートはニューヨークのMonitor Group(現在のMonitor Deloitte)で、その後アジアへ移動しました。

現職に加え、ヤンは香港中華総商会(The Chinese General Chamber of Commerce, Hong Kong:CGCC)の主要メンバー、並びに上海の中国人民政治協商会議(The Chinese People’s Political Consultative Conference :CPPCC)の委員を兼任。

Troyはブリティッシュ・コロンビア大学で統計学を専攻し、学士号(理学)を取得。

×

Art Yegorov

プラットフォーム、
エンジニアリング担当
ゼネラル・マネジャー


Artは、エネルギー・トレーディング、金融ソフトウェア、eコマース、データウェアハウジング、大規模データ管理のシステムおよびワークフローなど、さまざまな業界や分野で、ソフトウェア開発とエンジニアリングのリーダーシップの両方において15年以上の経験を蓄積した後、2014年にThe Trade Deskに入社しました。The Trade Deskに入社する以前はMicrosoftに9年間勤務し、主に、極めて拡張性の高い分散コンピュテーションとデータ管理システムの構築および主導を担当しました。

現在は、プラットフォームおよびエクスペリエンスのエンジニアリング組織を主導しています。この組織は、当社のプラットフォームおよび製品におけるクラス最高のパフォーマンス、ユーザー・エクスペリエンス、信頼性、および拡張性の確保を担当しています。

×

Lise Buyer

Class V Group 創業者
兼マネージング・パートナー


Lise Buyerは、新規株式公開やその他のマーケティング戦略について企業に助言を提供するコンサルティング会社、Class V Groupの創設者であり、マネージング・パートナーです。

以前はGoogleの事業最適化部門のディレクターであり、同社の革新的IPOの立役者の1人として活躍しました。

Googleに入社する以前は投資業界でのキャリアが長く、バイサイドの投資家、セルサイドのアナリスト、ベンチャー・キャピタリストとしてキャリアを積みました。2000年代初頭までは、Credit Suisse First Bostonのインターネット/ニューメディア・リサーチ業務のディレクターを務めていました。それ以前の6年間は、T. Rowe Price Associatesにて機関投資家として、デスクトップ・テクノロジー向けの企業投資を担当していました。キャリアのスタートはウォール・ストリートで、テクノロジーとエンターテインメント業界の両方のアナリストとして活躍していました。

Buyerはまた、オンライン調査を行う上場企業であるGreenfield Online Inc.にて、同社がMicrosoftに買収されるまで取締役を務めていました。

ウェルズリー大学にて学士号を、ヴァンダービルト大学オーウェン経営大学院にてMBAを取得しています。以前はNichols Schoolの評議員を務めており、その後TED Braintrustのメンバーおよびダボス世界経済フォーラムのフェローも務めました。

×

Kate Falberg

取締役 投資家


Kate Fallbergは現在、ライフサイエンスおよびテクノロジー業界の複数の企業において取締役を務め、また投資家でもあります。

Kateは2016年8月にThe Trade Deskの取締役に就任。現在は、バイオテクノロジーの上場企業であるBioMarin Pharmaceutical、Medivision、Aimmune Therapeutics、aTyr Pharmaの取締役も務めています。以前は、Halozyme Therapeutics、Ariosa Diagnostics、QLT、VISX、Fresh Del Monte、Human Genome Sciences、ESS Technologyの役員も務めていました。 

Kateはキャリアの早い段階から、Applied Magnetics CorporationやAmgen、また直近ではJazz Pharmaceuticalsなどのテクノロジーおよびバイオテクノロジー業界にて、最高財務責任者や、戦略および企業開発のヘッドを務めてきました。またAdECNの初期投資家であり、同社がMicrosoftに売却されたときには最高財務責任者を務めていました。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で学士号(文学)およびMBAを取得しており、公認会計士(inactive)およびUCLA認定のディレクターでもあります。

×

Thomas Falk

CEO, eValue Group


Thomas は、公開企業である eValue Europe AG、メディア投資銀行の Digital Capital Advisors、米国拠点の投資ファンド Revel Partners で構成される eValue グループのシリアルアントレプレナーであり、投資家、CEO です。

そして、グループ全体の戦略指示および国際投資戦略を指揮しています。投資対象は、オンラインビデオやモバイル広告からリッチメディア、広告配信、ターゲティングパフォーマンスのマーケティング、技術サービス企業など、デジタル価値を持つすべてのチェーンを網羅しています。

eValue グループはデジタルメディア業界に重点を置きながらも、投資のみならず技術開発、法律コンサルティング、監督、HR サービス、マーケティング、などのユニークな付加価値サービスも提供しています。

技術プロバイダーである Falk Tech および Adternity は、投資向けの個別ソフトウェアソリューションを開発しています。ポートフォリオ企業には Click District、Digital Response、VoodooVideo、StrikeAd、Own3d、smartclip などが含まれます。後者は彼がスタートし、後に欧州におけるオンラインビデオのリーダー的企業に成長しています。

さらに彼は、EyeWonder および United Mail Solutions の成長期からその最後に至るまで多大な影響を与えました。そういった企業の創設時から、国際進出、成功に満ちた終幕まで強く関わっていました。

Falk eSolutions を後者企業に売却した後、Doublecklick EMEA 地域の社長として最重要レベルの国際マネジメント業務を執り行っていました。Doubleclick が Google に買収された時、その役職を退任しました。

×

Eric Paley

Managing Partner, Founder Collective


Eric Paleyは、起業から出口戦略の成功までを遂行する起業家チームにより立ち上げられたシードステージのベンチャー・キャピタル・ファンドであるFounderCollectiveの共同創設者であり、そのパートナーも務めています。この起業家チームは、次世代の有能な起業家が重要かつ長期的な企業を立ち上げるためのサポートを行っています。Ericは、Uber、Cruise、Makerbot、HotelTonight、Kuvee、Bookbub、Contently、The Trade Desk、Integral Ad Scienceなど多くの企業を投資先として、Founder Collectiveの投資を主導してきました。またハーバード・ビジネス・スクールのアントレプレナー・イン・レジデンス(Entrepreneur-in-Residence)でもあり、Techcrunchにも頻繁に貢献しています。

以前は、Ericは、 3 Dイメージングマスカスタマイズ企業であるBrontes TechnologiesのCEO兼共同設立者であり、 2006年に 3 Mに買収されました。

また、ニューヨークのWebアプリケーション開発・マーケティング会社であるAbstract Edgeの最高経営責任者で、同社の共同創業者でもありました。

Ericはダートマス大学を優等で、ハーバード・ビジネス・スクールではベーカー・スカラー(Baker Scholar)を受賞して、卒業しています。

×

Gokul Rajaram

Square Caviarリード


Gokul Rajaramは現在、Squareの食品注文サービスであるCaviarを率いており、Squareの経営陣の1人でもあります。Squareに入社する以前は、Facebookで広告のプロダクト・ディレクターとして、Facebookが広告ビジネスをモバイル・ファーストに移行する取り組みに尽力しました。キャリアの早い段階で、Google AdSenseのプロダクト・マネジメント・ディレクターを務め、製品の立ち上げをサポートし、これをGoogleビジネスの相当部分を占めるまでに成長させました。Rajaramは、インド工科大学カーンプル校にてコンピュータ・サイエンス・エンジニアリングの学士号を取得し、総代としてPresident of India's Gold Medalを受賞しました。また、マサチューセッツ工科大学でMBAを、テキサス大学オースティン校でコンピュータ・サイエンスの修士号を取得しています。

×

David Wells

Netflix 最高財務責任者


David WellsはNetflixの最高財務責任者を8年間務めました。最高財務責任者に就任する前には財務計画および分析担当のバイス・プレジデントを務めており、ほぼ15年にわたり同社に在籍し、2019年初旬に同社を退社しました。在職時の責任範囲には、戦略的計画に加え、顧客サービス、不動産、従業員技術など多くのオペレーション業務が含まれていました。

Netflixに入社する以前は、1998年から2004年までDeloitte Consultingおよび非営利団体にて進歩的な役割を果たし、その後MBAを取得しました。2016年にはThe Trade Deskの取締役に就任し、2019年1月には非公開のフィンテック企業TransferWiseの取締役にも就任しました。

Wellsは、シカゴ大学を優等で卒業しMBAとMPPを取得。バージニア大学では商業の学士号も取得しています。

×